オリーブ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

オリーブ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Olea europaea L.

分類

  • モクセイ科 Oleaceae

分布

  • 地中海地方原産といわれる.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • 常緑小高木または高木.
  • 日本では関東以西の暖地で庭木,公園樹,鉢植えで利用される.香川県や岡山県では果樹栽培される.
  • 葉は3-6 cmで細い.表が灰緑色,裏が銀白色なため木全体が青白く見える.
  • 果実は紅紫から黒紫色に熟す.
  • 東広島キャンパスでは教育学部付近に植栽されている.

English

English name

Scientific name

  • Olea europaea L.

Taxonomy

  • Oleaceae

Distribution

  • It is said to be native to the Mediterranean region.

Flowering season

  • Under investigation

Notes

  • Small or tall evergreen trees trees.
  • In Japan, it is used as a garden tree, park tree, and potted plant in the warm regions west of the Kanto region. It is cultivated as a fruit tree in Kagawa and Okayama prefectures.
  • Leaves are 3-6 cm long and thin. Leaves 3-6 cm long, grayish green on the front and silvery white on the back, making the whole tree look pale.
  • Fruit ripen from reddish purple to blackish purple.
  • On the Higashi-Hiroshima Campus, those trees are planted near the School of Education.

中文

中文名 Chinese name

  • 木犀榄

科学名称

  • Olea europaea L.

分类

  • 木犀科 Oleaceae

分布

开花季节

解说

  • 常绿小乔木或高乔木。
  • 它在日本关东地区以西的温暖地区被用作花园树、公园树和盆栽,在香川和冈山县被用作果树。
  • 叶子3-6厘米长,狭窄。 叶子长3-6厘米,很薄。 表面是灰绿色,下面是银白色,使整个树看起来很白。
  • 果实成熟时呈红紫色至黑紫色。
  • 在东广岛校区,这棵树被种在教育学部附近。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > オリーブ