オニイトマキエイ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > オニイトマキエイ | 分類 / 和名順 / 学名順

オニイトマキエイ(沖縄県石垣島; 撮影: 清水)


目次

オニイトマキエイ Manta birostris

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 軟骨魚綱 Chondrichthyes > 板鰓亜綱 Elasmobranchii > エイ区 Batoidea > エイ上目 Batidoidimorpha > トビエイ目 Myliobatiformes > トビエイ科 Myliobatididae > オニイトマキエイ属 Manta > オニイトマキエイ Manta birostris

解説

  • ナンヨウマンタよりも外洋性.
  • 小笠原諸島,青森県蓬田(陸奥湾),静岡県富戸,駿河湾,和歌山県太地,高知県以布利,沖縄島,与那国島.国外では台湾,インド―西大西洋(紅海を含み,ニュージーランドまで),ハワイ諸島,東太平洋・大西洋の熱帯~温帯域.
  • 体色は背側が黒色で腹側が白色,また腹側には不規則な黒色斑を持つ.
  • 近縁種のイトマキエイヒメイトマキエイとは口が頭部前端部に開くことで区別される.
  • 体盤幅は8 mほどになり,高知県や沖縄などの亜熱帯~熱帯域の表層域を回遊することが知られている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > オニイトマキエイ | 分類 / 和名順 / 学名順