オオシマザクラ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > サクラ情報 | 植物 > 郷土の植物 > 宮島

目次

オオシマザクラ(広島県廿日市市宮島)

オオシマザクラ(Ohshima-zakura 大島桜):Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba

野生種(伊豆諸島に自生,伊豆半島・房総半島にも野生個体あり).3月下旬~4月上旬開花.一重.半八重の個体あり.花弁は白色.開花が先行し次いで葉が展開,若葉は緑色.葉に芳香があり桜餅に用いる.材も有用.多くの栽培品種の元になっている. 成長が早く,薪(たきぎ)として使われたことからタキギザクラ(薪桜)とも呼ばれる.

シノニム synonym

  • Prunus lannesiana (Carrière) E.H.Wilson var. speciosa (Koidz.) Makino
  • Prunus speciosa (Koidz.) Nakai

別名

  • タキギザクラ(薪桜)

解説

  • 野生種(ヤマザクラ群野生種)
  • 植栽
  • 3月下旬~4月上旬に白色の一重の花を咲かせる.
  • 花は一重で大型.花弁は白色で,長さ2 cm程度.萼片は大型で鋸歯が目立ち,長さ10 mm弱.
  • 葉は大型で幅8 cm以上,厚みがあり,両面無毛.葉身の裏面はやや光沢がある.葉柄は無毛.葉身は全長の中央付近の幅がもっとも広くなる.葉の先端は次第に細まり尾状になる.葉身基部は丸くなるか,広いくさび形になる.鋸歯は単鋸歯でときどき重鋸歯が混ざり,鋸歯の先端が長く伸びる.
  • 本種の葉は塩漬けにされ桜餅に利用される.

由来

オオシマザクラ(大島桜)

基本データ

和名・品種名
大島桜
読み
オオシマザクラ
開花期
3月下旬~4月上旬
白色
花弁数
一重
サイズ
高木
樹形
場所
本数

代表的な宮島のサクラの種類

備考


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / メインページ / 植物 / 郷土の植物 / 宮島 / 宮島のサクラ / サクラ情報 にもどる