エンジュ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

エンジュ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

  • エンジュ

学名

  • Styphnolobium japonicum (L.) Schott

分類

  • マメ科 Fabaceae

分布

  • 中国原産.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • マメ科の落葉高木.
  • 葉は互生の奇数羽状複葉.
  • 花は黄白色で,果実は豆果で数珠状.
  • 庭木や街路樹としてよく利用される.
  • 材は木工品に利用される.
  • 東広島キャンパスでは北体育館前に植栽されている.

English

English name

  • Japanese pagoda tree

Scientific name

  • Styphnolobium japonicum (L.) Schott

Taxonomy

  • Fabaceae

Distribution

  • Native to China.

Flowering season

Notes

  • A deciduous tree of the family Fabaceae.
  • Leaves alternate, odd pinnate compound leaves.
  • Flowers yellowish white; fruits bean-shaped, bead-like.
  • Often used as garden trees and roadside trees.
  • The wood is used for woodwork.
  • On the Higashi-Hiroshima Campus, the trees are planted in front of the North Gymnasium.

中文

中文名 Chinese name

  • 槐树

科学名称

  • Styphnolobium japonicum (L.) Schott

分類

  • 豆科 Fabaceae

分布

  • 中国原产

开花季节

解说

  • 豆科的落叶乔木。
  • 叶是互生的奇数羽状复叶。
  • 花是黄白色的,果实是珠子状的。
  • 它经常被用作花园树和路边树。
  • 它的木材主要是用来做木工的。
  • 在东广岛校区,它被种植在北体育馆的前面。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > エンジュ