エドヒガン 広島県のサクラ

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
エドヒガン(江戸彼岸)の花(広島県東広島市 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Mar. 30, 2018)

エドヒガン Cerasus itosakura (Siebold) Masam. & S.Suzuki var. itosakura f. ascendens (Makino) H.Ohba & H.Ikeda

エドヒガン(Edohigan 江戸彼岸):C. itosakura (Siebold) Masam. & S.Suzuki var. itosakura f. ascendens (Makino) H.Ohba & H.Ikeda

基本データ

学明
Cerasus itosakura (Siebold) Masam. & S.Suzuki var. itosakura f. ascendens (Makino) H.Ohba & H.Ikeda
和名・品種名
江戸彼岸
読み
エドヒガン
開花期
3月中旬~4月上旬
.花弁は白色から淡紅色
花弁数
一重
サイズ
高木
樹形

解説

  • 栽培品種(ヤマザクラ群サトザクラの仲間,系統不明)
  • 植栽
  • 成長しても樹高が高くならず,鉢植えにもされる.

広島県内での生育場所

  • 広島市植物公園(広島市)
  • 広島大学東広島キャンパス(東広島市)
  • 宮島大元公園(廿日市市)

由来

  • 野生種の一種.
  • 神社仏閣などで巨木となり,樹齢千年を超えるものもある.
  • 名前の由来は,関東に多くあり彼岸ごろに花を咲かせることから.

ギャラリー

分類形質

  • 広島大学東広島キャンパスの木

関連ページ


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > 地域まるごと博物館 > 広島 > 広島県のサクラ > エドヒガン(旭山)