ウラジロ 宮島の植物と自然

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シダ植物 > ウラジロ

目次

ウラジロ Gleichenia japonica Spreng.

分類

ウラジロ科 Gleicheniaceae,ウラジロ属 Gleichenia

解説

 高さ1-5 mになる常緑多年生の中型のシダ.根茎は長く地中を這(は)う.葉柄(ようへい)の先端に左右に羽片(うへん)を水平に広げ,翌年は先端から新芽が伸び,羽片を広げていく.葉柄の長さが2 m以上になることもある.葉片の裏面が白色.アジアの熱帯を中心に広く分布.日本では山形県,新潟県および福島県以南の本州,四国,九州,沖縄など暖温帯(だんおんたい)に広く分布する.広島県では日当たりがあまり良くない山の斜面や山麓(さんろく)に群生し,普通.宮島では全域に分布.コシダよりもやや湿った場所に群生し,コシダに比べて凹(くぼ)んだ地形や北斜面に分布する傾向がある.葉は縁起物(えんぎもの)とされ正月のお飾りに,葉柄は工芸に利用される.和名は葉の裏面が白いことから.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 63 p.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シダ植物 > ウラジロ