ウスバツバメガ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスバツバメガ

ソメイヨシノの樹皮を這うウスバツバメガ幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 20, 2018)

目次

ウスバツバメガ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Elcysma westwoodii

分類

  • マダラガ科 Zygaenidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • バラ科のサクラウメアンズなどを食樹とする.
  • 成虫の前翅の付け根部分には黄斑があり、また後翅には尾状突起がある.
  • 幼虫の背面は黄色で黒条が数本入り,体からは側方に黒い毛が数本伸びている.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 安田 守・高橋真弓・中島秀雄. 2010. イモムシハンドブック. 100 pp. 文一総合出版, 東京都.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスバツバメガ