イワツクバネウツギ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イワツクバネウツギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

イワツクバネウツギ Zabelia integrifolia (Koidz.) Makino

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > スイカズラ科 Caprifoliaceae > イワツクバネウツギ属 Zabelia

解説

花期

  • 花は5月中旬で,白色.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,沿岸部から吉備高原面の,主として石灰岩地帯に分布する.
  • 日当たりのよい岩壁や岩峰に生育し,帝釈峡などには多い.
  • 甲田町では流紋岩に生育している.
  • 呉市白岳山は海岸に近い生育地として貴重である.

産地

天然記念物

標本

  • 呉市白岳山(ts-820508),甲田町浅塚(ts-850406),東城町夏森(ts-960728),帝釈峡(yy-4243),山野峡(yw-5226)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • イワツクバネ

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁RDBカテゴリ: 絶滅危惧II類(VU)
  • 環境庁コード: 53720

文献(出典)

  • 河毛(1974),環境庁(1979),井波(1982),土井(1983),山下(1988),関(1993),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる