イボバッタ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > イボバッタ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

イボバッタの成虫(メス).上から見たときに脚の黒い模様がよく目立つ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 19, 2018)
イボバッタの成虫.(島根県川本町)

目次

イボバッタ Trilophidia japonica

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > バッタ目 Orthoptera > バッタ科 Acrididae

解説

  • 本州,四国,九州,対馬,伊豆諸島に分布.
  • 体長24~32 mm.
  • 頭部や前胸にイボ状の小突起をもつ.
  • 荒地・農道・畑・草地など乾いた土地に普通に見られる.
  • 成虫期6~9月.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > イボバッタ | 広島県の動物図鑑 / 和名順