イヌエンジュ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

イヌエンジュ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Maackia amurensis Rupr. & Maxim.

分類

  • マメ科 Fabaceae

分布

  • 北海道・本州(中部地方以北)に自生し,基本種はシベリア東部に分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • 落葉小高木.
  • 山地の林縁や河岸にみられる.
  • 葉は奇数羽状複葉で,3-5対つく.
  • 花は白く,総状花序で長さ10-12 mm.
  • 果実は扁平な豆果である.
  • 東広島キャンパスでは,郵便局付近や保健管理センター付近に植栽されている.

English

English name

Scientific name

  • Maackia amurensis Rupr. & Maxim.

Taxonomy

  • Fabaceae

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

  • 山槐

科学名称

  • Maackia amurensis Rupr. & Maxim.

分类

  • 豆科马鞍树属

分布

  • 在日本分布于北海道和本州(中部以北)。基本上主要分布于西伯利亚东部。

开花季节

解说

  • 落叶小乔木
  • 在山地的林缘和河岸可以看到
  • 叶是奇数羽状复叶,3-5对
  • 花是白色的,总状花序长约10-12mm
  • 果实是扁平的豆果
  • 东广岛校园内,主要种植在邮政局和保健中心周围。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > イヌエンジュ