アメリカスズカケノキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
アメリカスズカケノキの球状果.ふつう1個ぶら下がる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 9, 2019)
アメリカスズカケノキの樹皮(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 9, 2019)

アメリカスズカケノキ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • アメリカスズカケノキ

学名

  • Platanus occidentalis L.

シノニム

分類

  • スズカケノキ科 Platanaceae

分布

  • 北アメリカ原産

東広島キャンパスの花期

特徴

  • 落葉高木で,50 mに達する.
  • アメリカスズカケノキと小アジア原産のスズカケノキを交雑して作られたモミジバスズカケノキがあり,「プラタナス」と呼ばれる.
  • アメリカスズカケノキは球状果が1個ぶら下がり,スズカケノキは球状果が3~7個ぶら下がり,モミジバスズカケノキは2~3個ぶら下がる.
  • 繁殖は実生,接ぎ木.

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > アメリカスズカケノキ