アセビ 宮島の植物と自然

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 薬になる植物と毒になる植物 > アセビ

目次

アセビ Pieris japonica (Thunb.) D.Don ex G.Don

分類

ツツジ科 Ericaceae,アセビ属 Pieris

解説

 高さ数mになる常緑低木.幹はネジキのようにねじれ,さわると冬でも暖かい.葉は革質で,わずかに鋸歯(きょし)があり,表面にややつやがある.宮島では花期は12月下旬-翌年5月下旬.花は白く,つぼ状つり鐘形.広島県では,島嶼部(とうしょぶ)から中国山地までの高所まで広く分布.宮島では島の全域で見られ,大きな個体が多い.広島県のアセビは葉の大きい型で,太平洋側に分布する葉の小さい型は見られない.本種は有毒(ゆうどく)植物で,シカが食べないため多く見られる.旧宮島町の町花に指定されていた.堀川(1924)や河毛(こうも)(1974)は,ウスベニアセビ Pieris japonica f. rosea Makino を報告している.属名はギリシャ神話の詩の女神Pierisからとった名で,昆虫のモンシロチョウ属と同じ名となっている.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 110 p.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 薬になる植物と毒になる植物 > アセビ