アキノハイルリソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アキノハイルリソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

アキノハイルリソウ Omphalodes akiensis Kadota

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ムラサキ科 Boraginaceae > ルリソウ属 Omphalodes

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • これまで県内でハイルリソウとされたものを,ハイルリソウとは異なる新種として門田裕一が記載した (Kadota 2009a) .葉は光沢があり,基部が明瞭な葉柄となること.花茎は早春の芽出し期から地表を匍匐して50 cmに達すること.がく筒が短く浅く分裂し,裂片が鈍頭であることなどで区別されるとしている.また,これまで県西部の限られた場所のみで確認されていたが,甲田町,三次市,神石町などでも発見され,さらに鳥取県西南部に及ぶとしている.基準産地は戸河内町(現安芸太田町)である.

産地

天然記念物

標本

  • 三次市(hbg-18699),甲田町(hbg-17665),戸河内町(TNS-737044; 正基準標本)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 47465

文献(出典)

  • Kadota(2009a),世羅ほか(2010)

インターネットリソース



広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる