アイノコノウゼンカズラ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
アイノコノウゼンカズラ 'マダムガレン'(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jul. 1, 2021

アイノコノウゼンカズラ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

  • アイノコノウゼンカズラ

学名

  • Campsis x tagliabuana (Vis.) Rehder

分類

  • ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae

分布

  • 園芸品種

東広島キャンパスの花期

  • 7-9月

解説

  • ノウゼンカズラ科のつる性木本.
  • 樹皮は縦に裂けて剝がれる.
  • 橙色の萼(がく)は長く,切れ込みが深い.
  • ノウゼンカズラアメリカノウゼンカズラの雑種で,両方の形態的特徴を併せもつ.'マダムガレン'という園芸品種が流通している.
  • 東広島キャンパスでは保健管理センター付近に植栽されている.

English

English name

Scientific name

  • Campsis x tagliabuana (Vis.) Rehder

Taxonomy

  • Bignoniaceae

Distribution

  • cultivar

Flowering season

  • July to September.

Notes

  • A woody vine of the family Bignoniaceae.
  • The bark splits and peels off vertically.
  • Orange sepals long, deeply lobed.
  • Hybrid of the two species, C. grandiflora × C. radicans. And has the morphological characteristics of both. A garden variety called 'Madame Galen' is in circulation.

中文

中文名 Chinese name

科学名称

  • Campsis x tagliabuana (Vis.) Rehder

分类

分布

解说

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > アイノコノウゼンカズラ