お知らせ/20160307第35回広島大学内海文化研究施設季例会

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > お知らせ

目次

第35回広島大学内海文化研究施設季例会の公開講演会のご案内

‎;日時:2016年3月7日(月)13:30-15:30

場所
広島大学東広島キャンパス 大学院文学研究科(文学部) 1階大会議室
演題
名所風俗図屏風の類型と主題 -厳島を中心に-
ポスター
http://www.hiroshima-u.ac.jp/upload/3/images/35.pdf
講師
大阪市立美術館 主任学芸員 知念 理
概要
それぞれに特徴ある海浜景観の美しさを誇る松島,天橋立,厳島(宮島)の三名所を,いわゆる「日本三景」という概念でとらえるようになったのは江戸時代のはじめになってからです.この時期,日本三景を含むさまざまな名所を一対の屏風に描いた名所風俗図が流行し,厳島がその中心となって多彩なバリエーションが生み出されました.さあ,ようこそ,屏風絵でゆくグランドツアーへ!みなさんのご搭乗をお待ちしています.
参加費
無料 ※予約の必要はありません.

問い合せ先

広島大学大学院文学研究科 本多研究室 
〒739-8522 東広島市鏡山1-2-3
TEL:082-424-6639
E-mail:honda☆hiroshima-u.ac.jp(☆を半角@に置き換えてください)

関係URL

過去の季例会・公開講演会