ラショウモンカズラ Meehania urticifolia (Miq.) Makino

シソ科 Lamiaceae (Labiatae)

ラショウモンカズラ属 Meehania

解説

花冠の長さが4-5 cmの紫色の花をつける多年生草本.山地の林床などに生育するが,古生層や石灰岩地に多い傾向があり,とくに崖錘地形の礫が多い場所に群生する.

和名は大きな花の形から由来する.源頼光の家来であった渡辺綱が,平安京(京都)の正門である羅生門(羅城門)に住む鬼を退治をした際に切り落とした鬼の腕に見立てたもの.「羅生門」については青空文庫へ

花期

5月中旬(写真は2004年5月16日に撮影).

ラショウモンカズラ20040516_01203.png

分布

広島県では,吉備高原面から中国山地の渓谷などに分布する.

慣用名

ラショウモンカヅラ

備考

  • 環境庁コード: 48660

文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.

Counter: 5230, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: fileラショウモンカズラ20040516_01203.png 1482件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:40:53 JST (3616d)