ヤノネボンテンカ Pavonia hastata Cav.

アオイ科 Malvaceae?

ヤノネボンテンカ属Pavonia?

解説

常緑の草本状低木.最大で1.5 m程度になるが,50 cm程度のものが多く見られる.南米原産の帰化植物.夏期にややピンク色がかった花を咲かせる.

茶花や園芸用途で植栽される.寒さに比較的強く,広島県南部の沿岸部では逸出して半野生状態になっている.

花期

夏から秋にかけて開花.

分布・産地

  • 広島県南部の沿岸部に分布.
  • 呉市など
  • 倉橋島(2006年12月3日)

類似種

慣用名

  • 別名タカサゴフヨウと呼ばれる.

備考

  • 環境庁コード: xxxxx
  • 帰化

文献(出典)


Counter: 1369, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:42:54 JST (3655d)