モロコシソウ Lysimachia sikokiana Miq.

サクラソウ科 Primulaceae

オカトラノオ属 Lysimachia

解説

林内に生育する多年生草本.黄色の花を下向きにつけ,全体にやや紫色を帯びる.茎は開花する時期には直立するが,花期後の観察では果実が成熟する時期に倒臥する傾向がある.佐竹ほか(1981)およびIwatsuki et al. (1993)の記載では30-80 cmという草丈が示されているが,広島県産のものは高さ20-40(-50)cmでやや小型であり,葉がやや幅の広い卵形である.

県内の産地では8-10月に開花.3月頃球形で長い花柄の先に果実をつける.果実は成熟とともに灰白色に変わり,二裂してその黒い種子を散布する.花柄は2.5-4 cmで,果実が灰白色となる形質など他の形質は,佐竹ほか(1981)およびIwatsuki et al. (1993)の記載と一致.

広島県版レッドデータブック(広島県 1995)では,絶滅危惧種(endangered species)として扱われている.最近では,向井ほか(1999)で調査が行われている.

花期

県内の産地では8-10月に開花.

19990817lysimachiasikokiana.jpg

分布

日本国内では関東地方以西の暖地に分布している(Horikawa 1976, 佐竹ほか 1981, Iwatsuki et al. 1993).広島県は本種の北限に近い.

慣用名

  • ヤマクネンボ

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧粁(VU)
  • 環境庁コード: 42930
  • 県RDB

文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
  • 広島県. 1995. 広島県の絶滅のおそれのある野生生物. 437 pp. 広島県環境保健協会, 広島.
  • Horikawa, Y. 1976. Atllas of the Japanese Flora II. Pp. 501-862. Gakken, Tokyo.
  • Iwatsuki, K., Yamazaki, T., Bofford, D. E. and & Ohba, H. 1993. Flora of Japan. Volume IIIa. 482 pp. Kodansha, Tokyo.
  • 向井誠二・坪田博美・中原美保・関太郎・豊原源太郎・出口博則. 1999. 広島県におけるモロコシソウ(Lysimachia sikokiana Miq.)の現状とその保護について. Hikobia 13: 31-34.
  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎・亘理俊次・富成忠夫. 1981. 日本の野生植物 草本 III. 259 pp. 平凡社, 東京.

Counter: 1592, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: file19990817lysimachiasikokiana.jpg 727件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:42:44 JST (3608d)