ベニオグラコウホネ Nuphar oguraense Miki var. akiense Shimoda

スイレン科

解説

ベニオグラコウホネNuphar oguraense Miki var. akiense Shimoda 原記載文:A typo disco stigmatis semper rubro differt. タイプロカリティー:Japan. Honshu. Pref. Hiroshima: Saijo-cho and Hachihonmatsu-cho, Higashi-Hiroshima City. 正基準標本:M. Shimoda No. 4713, Sept. 24, 1989 (HIRO).  特徴:オグラコウホネに似るが,柱頭盤が赤くなり,水上葉が7-14 cmで小型で挺水しない.

慣用名

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧粁(VU)
  • 環境庁コード: 19425

文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
  • Shimoda, M. 1991. Nuphar from the Saijô Basin, Hiroshima Prefecture, western Japan. J. Phytogeogr. & Taxon. 39: 1-8.

Counter: 4650, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:40:57 JST (3435d)