ヒナノシャクジョウ Burmannia championii Thwaites

ヒナノシャクジョウ科 Burmanniaceae

解説

ヒナノシャクジョウが日本で最初に発見されたのは1880年(明治13年)で,矢田部良吉が武州白子(現在の埼玉県和光市,東京都練馬区に隣接)で採集したものである.1883年(明治16年)に,牧野富太郎が高知県佐川町で採集した標本をロシアのK. J. Maximowiczに送り,Burmannia japonica Maxim.と命名され,ここにその分類学上の位置が明らかとなった(牧野 1935).現在では,この学名は東南アジアに広く分布するB. championii Thwaitesの異名とされている(北村・村田・小山 1964; 佐竹ほか 1982など).

花期

8-9月(写真は2000年9月に撮影).

20000913burmanniachampionii.jpg

分布・産地・天然記念物

  • 廿日市市宮島町
  • 本種の日本における分布は,日本野生生物研究センター(1992)によれば,生育が確認された県は茨城・埼玉・千葉・東京・静岡・愛知・三重・兵庫・奈良・和歌山・広島・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄で,現状不明は神奈川・京都・大阪・長崎,絶滅は山梨となっている.この中で,広島からの報告は,河毛周夫氏が採集した標本によるものと思われる(詳細については向井ほか 2001).本種は分布域が広いものの,小型であり,きわめて希な植物であるため,広島県内におけるその詳細な分布についてはよく分かっていない.

標本

慣用名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:

文献(出典)

  • 北村四郎・村田源・小山鐵夫. 1964. 原色日本植物図鑑, 草本編III, 単子葉類. 464 pp., 108 pls. 保育社, 大阪.
  • 牧野富太郎. 1935. 趣味の植物採集. 206 pp. 三省堂, 東京.
  • 向井誠二・原紺勇一・関 太郎・豊原源太郎. 2001. 広島県におけるヒナノシャクジョウ(Burmannia championii Thwaites)の発見とその生態的意義. Hikobia 13: 605-609.
  • 向井誠二・坪田博美・澤田つや子・北本照子・吉野由紀夫・関 太郎. 2007. 宮島におけるシロシャクジョウBurmannia cryptopetala Makinoの発見. Hikobia 15: 61-66.
  • 日本野生生物研究センター. 1992. 緊急に保護を要する動植物の種の選定調査のための植物, 都道府県別分布表. 196 pp. 日本野生生物研究センター, 東京.
  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎・亘理俊次・富成忠夫. 1982. 日本の野生植物, 草本I, 単子葉類. xvi + 305 pp. 平凡社, 東京.

Counter: 2123, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: file20000913burmanniachampionii.jpg 829件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:42:29 JST (3607d)