サイジョウコウホネ Nuphar japonicum DC. var. saijoense Shimoda

スイレン科

解説

サイジョウコウホネ Nuphar japonicum DC. var. saijoense Shimoda

原記載文:A typo disco stigmatis semper rubro et folio subtus pubescenti ut in N. oguraensi var. akiensi differt.

タイプロカリティー:Japan. Honshu. Pref. Hiroshima: Saijo-cho and Hachihonmatsu-cho, Higashi-Hiroshima City.

正基準標本:M. Shimoda No. 4742, June 27, 1989 (HIRO).

特徴:水上葉は大型で12-23 cm,葉の裏面に毛が多くコウホネに類似し,柱頭盤が赤いことでベニオグラコウホネにも類似する.コウホネとベニオグラコウホネの特徴をあわせもつことや葯と花糸の長さの比が両者の中間であることから,両者の雑種と考えられている.

慣用名

分布

東広島市

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧粁(VU)
  • 環境庁コード: 19415
  • 県RDB

文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
  • Shimoda, M. 1991. Nuphar from the Saijo Basin, Hiroshima Prefecture, western Japan. J. Phytogeogr. & Taxon. 39: 1-8.

Counter: 5839, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 21 Jan 2010 13:41:10 JST (3433d)