コケのようでコケでない植物

シダ植物
野外の状態
大きさは10 cm程度
ヒメクラマゴケ

ヒメクラマゴケはイワヒバ科に属する常緑性のシダ植物です.クラマゴケの仲間には茎が這う(ほふく茎をもつ)小型の種が多く,コケとよく似たものがあります.ヒメクラマゴケは,冬になるとほふく茎の葉が赤茶色に紅葉します.関東以西の暖かい地方に生育し,低地や山麓の林床などで見られます.

拡大したもの.胞子の入った袋が見えます(黄色い部分).
シダ植物は,コケ植物と同じように胞子でふえます.普通見かける状態の植物体は胞子体で,高等植物と同様に維管束と呼ばれる水や養分の通り道をもっています.

もどる

種子植物
モウセンゴケ

食虫植物の仲間です.葉にある腺毛から消化酵素を含んだ粘液を出して,小さな虫を捕獲します.捕らえられた虫はゆっくりと消化され,モウセンゴケの栄養の一部になります.

ムラサキサギゴケ

田んぼのあぜ道などのやや湿ったところに見られます.ほふく茎を出して広がり,地面に這うように生育しています.

コケ植物やシダ植物とは違って花を咲かせ,種子でふえます.

もどる