植物体
植物体
転石の間の地上や岩上に生育する.(写真:長野県白馬岳白馬大池.9月)
(写真:長野県白馬岳白馬大池.9月)
土上に生育している状態.タイ類のシロコオイゴケの一種とともに生育していた.(写真:長野県白馬岳白馬大池.9月)
土上に生育している状態.タイ類のツボミゴケの一種,セン類のコセイタカスギゴケとともに生育していた.(写真:長野県白馬岳白馬大池.9月)
地下茎先端部:茎の表皮から粘液細胞が生じ,塊となっている.
地下茎先端部:茎の表皮から粘液細胞が生じ,塊となっている.
地下茎の粘液毛と粘液.粘液には糸状菌が生育する.
粘液細胞が茎の表皮細胞から生まれる様子
粘液細胞
粘液細胞
茎の横断面
若い地下茎の先端部
葉の横断面
地下茎頂の粘液毛?
ノート:北米西部,中国,ヒマラヤ,ボルネオに分布し,日本では北海道と本州中部の高山帯にみつかっている大変めずらしいセン類.1956年に新属新種として井上・服部によって発表されて依頼長く“タイ類”の仲間として研究者の間で認められてきたが,近縁種に胞子体が発見されて,それがセン類の仲間であることが判明した.