[INDEX] [←] [→]

ミサゴ
(ワシタカ科)

ミサゴ (ワシタカ科)

 全国の海岸や湖に生息しているタカで、魚を食べて生活しています。翼を広げると175センチメートルもの大きさで、下面全体が白く見える美しいタカです。現在は、湖の汚染や、開発によって生息場所の現象と共に個体数も少なくなっています。このミサゴは、宮島には周年生育していて繁殖もしています。巣は大きな松の樹頂に枯れ枝を集めて皿型に造り、二個産卵して抱卵に入ります。営巣時期は早くて、2月下旬ごろから番(つがい)で巣造りに入り、ヒナが生長して巣立つのは7月ごろになります。しかし、営巣して産卵、抱卵と繁殖行動はしても、原因ははっきりしませんが毎年ヒナが生長して巣立つとは限らず、今年は81年に巣立ち以来、3年ぶりに1羽の巣立ちが見られたにすぎません。
 宮島での営巣場所は、深い森林と谷間にあり、多々良・入浜・大砂利などですが、入浜などは松の伐採で営巣木がなくなり繁殖できなくなり残念なことです。
留鳥として周年棲息、繁殖燃している。1979年1番(つがい)の営巣を記録してから、2002年現在まで増カロしてきて、59番(つがい)が営巣するまでになった。

(厳島の鳥を知る会 熊谷 美登/写真撮影 )


この記事は1984年12月の広報みやじまに掲載されたものです