[INDEX] [←] [→]

ツバメ
(アマツバメ科)

ハリオアマツバメ (アマツバメ科)
春秋の渡り期に見られる、5月と9月下旬から10月上旬に:開山、駒ケ林、獅子岩の山頂で2〜3羽が通過することが多いが、稀に数十羽の群れのこともある1985.5.23に33羽十が渡った。

アマツバメ (アマツバメ科)
1993.4.3(砲台)が最も早い初認で、5月までには渡来する、宮島に営巣はしていないが、大竹沖の白石灯台で繁殖していて、雨模様時に飛来することがある。


                     (資料提供:熊谷美登 写真提供:熊谷美登 氏)