[INDEX] [←] [→]

サシバ 
(ワシカタ類)

サシバ (ワシカタ類)

 全長49cmとほぼハシボソガラス大で中型のタカです。 日本へは夏鳥として渡ってきて低山の森林内にある松などに巣を作ります。ピィクィ、ピィクィとタカの仲間ではよく鳴き、ヘビ・カエル・スズメなどの小鳥を餌(えさ)としています。 宮島では一昨年から繁殖期の5,6月に、もみじ谷や大元公園などで2羽以上観察されています。もみじ谷でヘビをとり、弥山原始林に入っていくのを目撃されていますが、営巣繁殖となると不明です。宮島全体から見ると弥山中腹が営巣するのに適している場所に見えます。 毎年、春秋の渡りの季節になると、ワシタカの中では本種が一番多く観察されます。 春には、大竹、岩国方面から低空で近づき、岩船嶽や弥山で上昇気流に乗り1000〜2000mと高度をとり広島方面へ飛び去ります。 秋は、夏に巣立った若鳥を加え、より数を増して越冬地を目指します。愛知県伊良湖岬では、1日に数千羽も通過するのでよく知られています。宮島でも天候に恵まれれば100羽近く見ることができます。コースは広島、呉方面からきて獅子岩、駒ヶ林などで上昇し大野、大竹方面へ飛び去ります。 日本野鳥の会広島支部では、秋にワシタカ一斉調査を県内各地でおこない、渡りのコース解明に努力しています。宮島も調査地点に含まれていて、弥山展望台で記録をとっています。

 春秋ともに運がよいと展望台の間近を横切る姿を見ることができます。
 興味のある方は一度、弥山山頂で観察してみてください、他のワシタカも多数現れます。

                  (資料提供:熊谷美登 写真提供:熊谷美登 氏)