[INDEX] [←] [→]

アオサギ
(サギ科)


アオサギ(サギ科)
 アオサギは日本で一年を通して生育している留鳥で、サギの仲間では最も大きく、翼開長は160センチメートルもあります。
 宮島では比較的多く見られ、繁殖もしています。繁殖地は野七ヶ谷の海側の松原にあり、毎年20数個もの営巣が見られ、一巣で2〜4個の卵を4月頃に生み、約一ヶ月抱卵します。ヒナは5月頃にふ化して7月に入るごろには、親鳥と変わらないくらい大きく育ち巣立っていきます。このように、集団で営巣する場所をコロニーとよんでいます。巣は、松の枝上に枯れ木を使って大きな皿形の巣を造り、一本の松に三個も造っているのも見られます。 宮島のアオサギのコロニーは、日本ではもっとも西方に位置し、生態的にも貴重な繁殖地となっています。
1881.3.17弥七でコロニー(30〜50巣)を確認してから、2002年現在まで同所で繁殖が続いている。1999年室浜において営巣が始まる、3〜6巣とまだ少ない。2002年も営 巣した、営巣場所の林が若いので今は、大きな営巣地にはなりにくそうである。

(資料提供 熊谷 美登/写真撮影 豊原源太郎)