前ページへ                                   茶臼山の植物観察会の写真

    呉市吉浦町 茶臼山の植物
広島大学大学院理学研究科附属宮島自然横物実験所・理学研究科生物学科専攻
植物講座 植物分類・生態学研究室内ヒコビア会共催
 2005.12. 4. 呉市
 吉浦町 茶臼山
 JR吉浦駅−吉浦八幡神社−鳴滝−ハマセンダン−茶臼山−JR吉浦駅
 地図番号 呉 3(吉浦 02.03.12.13.22.23.)

                       種子植物フロラ:上村恭子
                       シダ類関係:松村 雅文 
種子植物  上村恭子
観察会当日は、時折激しい風雨の中の観察会でしたが、辺りはまだ紅葉が残り湿地帯の植物も豊富で目が離せない有意義な一日でした。ヒメヤマツツジ、ムラサキサギゴケ、シラヤマギクなどの花が狂い咲きか、残花か咲いてました。(記:上村恭子さんメモ)
ア行 アオキ(実)、 アオギリ(実)、 アオツヅラフジ、 アオハダ(実)、 アオモジ、 アカネ、 アカマツ、 アカメガシワ、 アキグミ、 アキノエノコログサ、 アキノキリンソウ(花)、 アキノタムラソウ、 アクシバ、 アケビ、 アセビ、 アツバキミガヨラン(植栽)、 アブラガヤ、 アメリカイヌホオズキ(帰化)、 アメリカフウロ(帰化)、 アラカシ、 アリノトウグサ、 イソノキ、 イタチガヤ、 イタドリ、 イタビカズラ、 イトイヌノハナヒゲ、 イヌガラシ、 イヌコウジュ、 イヌザンショウ、 イヌタデ(実)、 イヌツゲ、 イヌビワ、 イヌホオヅキ、 イノコヅチ、 イワガラミ、 インドハマユウ(植栽)、 ウシハコベ、 ウスアカカタバミ、 ウツギ、 ウツボグサ、 ウマノアシガタ、 ウメモドキ(実)、 ウラジロガシ、 ウラジロチチコグサ、 ウラジロノキ、 ウリハダカエデ、 エゴノキ、 エゾノギシギシ、 エノキ、 エノコログサ、 エビスグサ(植栽)、 エビヅル、 オオアブラススキ、 オオアレチノギク(帰化)、 オオイヌノフグリ(帰化)、 オオオナモミ(実)、 オオキンケイギク(植栽)、 オオジシバリ
、オバコ、 オオバヤシャブシ(植栽)、 オカトラノオ、 オカルガヤ、 オシロイバナ(植栽)、 オッタチカタバミ(帰化)、 オトコヨモギ(花)、 オニウシノケグサ、 オニタビラコ、 オニノゲシ(帰化)、 オヒシバ、 オヘビイチゴ、 オヤブジラミ、 オランダミミナグサ(帰化)、
カ行 カエデドコロ、 カキドオシ、 カゴノキ、 カスマグサ、 カゼクサ、 カタバミ、 カナクギノキ、 カナメモチ(実)、 カマツカ(実)、 カモノハシ、 カラスノエンドウ、 カラスノゴマ、 カラムシ、 カンアオイ、 ガンピ、 キカラスウリ、 キチジョウソウ(逸出)、 キヅタ、 キツネノボタン、 キツネノマゴ(花)、 キハダ、ギョウギシバ、 キランソウ、 キリ(逸出)、 キンミズヒキ、 クコ(栽培 逸出)、 クサイ、 クサイチゴ、 クサギ、 クサノオウ、 クズ、 クスノキ、 クマヤナギ、 クリ、 クロガネモチ(植栽 逸出)、 クロキ、 クロモジ、 クワクサ、 ゲンノショウコ、 コアカソ、 コイヌノハナヒゲ、 コウガイゼキショウ、 コウヤボウキ、 コガクウツギ、 コケオトギリ、コシアブラ、 コシロネ、 コスミレ、 コセンダングサ、 コナスビ、 コナラ、 コバノガマズミ、 コバノタツナミソウ、 コバノミツバツツジ、 コマツヨイグサ(帰化)、 コマユミ、 コメヒシバ、 ゴンズイ、
サ行 サイゴクキツネヤナギ、 ザイフリボク、 サカキ、 ササガヤ、 ササクサ、 サネカズラ、 サルトリイバラ、 サンカクヅル、 シキミ、 ジシバリ、 シバ、 シャガ(逸出)、 シャシャンボ、 ジャノヒゲ、 シュロ(逸出)、 シュンラン、 ショウジョウバカマ、 シラスゲ、 シラヤマギク(花)、 シロダモ(実)、 シロノセンダングサ(花)、 シロバナゲンノショウコ(花)、 スイカズラ、 スイバ、 ススキ、 スズメノカタビラ、 スズメノヒエ、 スズメノヤリ、 スノキ、 セイタカアワダチソウ(帰化)、 セイヨウタンポポ(帰化)、 セイヨウノコギリソウ(花)、 セキショウ、 センニンソウ、 センブリ、 ソメイヨシノ(植栽)、 ソヨゴ(実)、
タ行 タイミンタチバナ、 タカサゴユリ、 タカノツメ、 タネツケバナ、 タブノキ、 タムシバ、 タラノキ(実)、 タンキリマメ、 チガヤ、 チカラシバ、 チチコグサ、 チチコグサモドキ、チヂミザサ、 チドメグサ、 チャツクシハギ、 ツタ、 ツタバウンラン(植栽 逸出)、 ツブラジイ、 ツボクサ、 ツボスミレ、 ツユクサ、 ツルアリドオシ(実)、 ツルドクダミ(逸出)、 ツルニチニチソウ(逸出)、 ツワブキ、 テイカカズラ、 トウバナ、 ドクダミ(逸出)、 トダシバ、
ナ行 ナガバギシギシ、 ナガバジャノヒゲ、 ナガバタチツボスミレ、 ナガバモミジイチゴ、 ナギイカダ(植栽)、 ナキリスゲ(花穂)、 ナツハゼ、 ナツフジ、 ナナミノキ、 ナワシログミ、 ナンテン(逸出)、 ニガイチゴ、 ニガナ、 ニシキソウ、 ニッポンイヌノヒゲ、 ヌカキビ、 ヌマガヤ、 ヌルデ、 ネコハギ、 ネジキ、 ネズ、 ネズミノオ、 ネズミモチ、 ネムノキ、 ノガリヤス、 ノギラン、 ノゲシ、ノコンギク、 ノビル、 ノブドウ、
ハ行 ハイミチヤナギ、 ハクチョウゲ(植栽)、 ハコベ、 ハスノハカズラ、 ハゼノキ、 ハハコグサ、 ヒイラギ、 ヒカゲスゲ、 ヒガンバナ、 ヒサカキ、 ビナンカズラ、 ヒノキ、 ヒメイタビカズラ、 ヒメウズ、 ヒメカンスゲ、 ヒメキンギョソウ(逸出)、 ヒメコウゾウ、 ヒメジョオン(帰化)、 ヒメツルソバ(植栽)、 ヒメムカシヨモギ(帰化)、 ヒメヤマツツジ(花)、 ヒメユズリハ、 ヒメヨツバムグラ、 ヒヨドリジョウゴ(実)、 ピラカンサ(植栽)、 ヒラドツツジ(植栽)、 ビワ(逸出)、フキ、フユイチゴ、 フラサバソウ(帰化)、 ヘクソカズラ、 ベニバナボロギク(帰化)、ペラペラヨメナ(逸出)、 ホタルブクロ、 ボタンヅル、 ホトケノザ、 ホナガイヌビユ(帰化)、
マ行 マサキ、 マメカミツレ、 マメグンバイナズナ(帰化)、 マメツゲ(植栽)、 マユミ(実)、 マルバアオダモ、 マルバハッカ?(植栽)、 マンリョウ、 ミズギボウシ、 ミズヒキソウ、 ミゾソバ、 ミツバ、 ミツバアケビ、 ミドリハコベ、 ミミカキグサ、 ミヤコイバラ(実)、 ミヤマガマズミ、 ミヤマフユイチゴ(実)、 ムクノキ、 ムクロジ、 ムラサキカタバミ、 ムラサキサギゴケ(花)、 メダケ、 メヒシバ、 メマツヨイグサ、 メリケンカルガヤ(帰化)、 モウセンゴケ、 モウソウチク、 モチノキ、モッコク、
ヤ行 ヤエムグラ、 ヤクシソウ(花)、 ヤツデ(逸出)、 ヤブガラシ、 ヤブカンゾウ、 ヤブコウジ(実)、 ヤブツバキ、 ヤブニッケイ、 ヤブヘビイチゴ、 ヤブマオ、 ヤブムラサキ(実)、 ヤブラン(実)、 ヤマイ、 ヤマウグイスカグラ、 ヤマウルシ、 ヤマガキ(実)、 ヤマカモジ、 ヤマコウバシ、 ヤマザクラ、 ヤマテキリスゲ、 ヤマノイモ、 ヤマハッカ(花)、 ヤマブキ、 ヤマモモ、 ヨウシュヤマゴボウ、 ヨモギ、 ランタナ(植栽)、 リョウブ、
シダ植物 松村雅文
ヒカゲノカズラ科 ミズスギ
トクサ科 スギナ
ゼンマイ科 ゼンマイ
カニクサ科 カニクサ
ウラジロ科 コシダ・ウラジロ.
コケシノブ科
イノモトソウ科 イヌシダ・フモトシダ・ホラシノブ・イワヒメワラビ・ワラビ・オオバノイノモトソウ・イノモトソウ・タチシノブ・ホウライシダ
シノブ科
キジノオシダ科
オシダ科  イノデ・オニヤブソテツ・ヤブソテツ・ヤマヤブソテツ・ホソバカナワラビ・ハカタシダ・オクマワラビ・オオイタチシダ・ヤマイタチシダ・ヒメイタチシダ・マルバベニシダ・ベニシダ・サイゴクベニシダ・オオベニシダ・ゲジゲジシダ・ハシゴシダ・コハシゴシダ・ハリガネワラビ・ヒメワラビ・ミドリヒメワラビ・ミゾシダ・ホシダ・イヌケホシダ・シケシダ
シシガシラ科 シシガシラ
チャセンシダ科 トラノオシダ
ウラボシ科 ノキシノブ・マメヅタ・ヒトツバ・ミツデウラボシ