Geiger Markham 1992 コケ文献データベース00199

提供: 広島大学デジタル博物館
2018年5月2日 (水) 17:19時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「;No.(コケ文献データベース):199 ;タイトル:Campylopusauron, an auronoflavanone biflavonoid from the mosses Campylopus clavatus and Campylopus holomitrium....」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
No.(コケ文献データベース)
199
タイトル
Campylopusauron, an auronoflavanone biflavonoid from the mosses Campylopus clavatus and Campylopus holomitrium.
著者名
Geiger, H., Markham, K. R.
雑誌名・書籍名・報告書
Phytochemistry 31, 4317-4324, 1992.
蘚苔類分類区分
M
キーワード
Chemistry. Flavonoid.

注意事項

  • このデータは蘚苔類研究会(代表:加藤研治)発行の「コケ文献データベース(Ver. 1.01)」を用いたものです.
  • このデータの利用は学術用途に限り,他への転用や商用での利用は許可しません.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / コケ / コケ文献データベース −日本関係分− にもどる