植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter328

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2011年10月11日 (火) 19:48時点におけるKubo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 328 (2007年3月31日)

2007年3月18日の第453回植物観察会は広島市北区の福王寺山(496 m)で行われた.山麓の区民文化センター前に10時集合,参加者47名.福王寺口のバス停から続く不動坂参道に入り,住宅地を抜けると,アカマツ枯損跡地のヒノキ植林地.かなり大きなネズミサシがある.ヒサカキが花盛り.性転換の話から花の雌雄性を調べる.雌花をつける株は少ないようだ.標高約250 mで自動車道を横切ると尾根道になる.西側はソヨゴの多いアカマツ林,アセビが少し咲いている.東側のヒノキ林中に,落雷で幹が割れたヒノキの大木があり,威力に感心.標高400 mあたりからスダジイやアカガシも見られるようになる.標高450 m付近の古刹福王寺周辺は県自然環境保全地域.空中湿度が高く,樹幹や岩上にセッコクが見られる.境内にはホンシャクナゲの植栽が多い.帰路は大師坂を下る.道をおおうヤブツバキの花が見頃,ウラジロノキの大木が数本あり落葉中に赤い果実が散在していた.クロキ,ミヤマシキミが咲き始め,ナワシログミの果実は堅い状態であった.


(H. Taoda 記)

旧サイトは,928件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる