「東広島植物園」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(3人の利用者による、間の5版が非表示)
4行目: 4行目:
 
 東広島植物園は,統合生命科学研究科の施設として,生物科学専攻の講座を中心に,教員や学生の研究・教育が行われる場として利用されています.また,生物学における教材植物を栽培管理し提供しています.広島大学総合博物館と連携した活動も行っています.※植物管理室は,2019年4月より統合生命科学研究科・附属宮島自然植物実験所の所属となりました.
 
 東広島植物園は,統合生命科学研究科の施設として,生物科学専攻の講座を中心に,教員や学生の研究・教育が行われる場として利用されています.また,生物学における教材植物を栽培管理し提供しています.広島大学総合博物館と連携した活動も行っています.※植物管理室は,2019年4月より統合生命科学研究科・附属宮島自然植物実験所の所属となりました.
 
==最新情報==
 
==最新情報==
 +
*2021.01.01 あけましておめでとうございます.
 +
*2020.12.28 学童保育の子どもたち6名が,焼き芋としめ縄作りを体験しました.
 
*2020.11.27 [https://home.hiroshima-u.ac.jp/museum/siryou-data/kanrishitu-23.pdf ニュースレター23号(最新号)]が発行されています.
 
*2020.11.27 [https://home.hiroshima-u.ac.jp/museum/siryou-data/kanrishitu-23.pdf ニュースレター23号(最新号)]が発行されています.
 
*2020.11.07 ホームカミングデーの学部企画として,東広島植物園の施設公開を行いました.
 
*2020.11.07 ホームカミングデーの学部企画として,東広島植物園の施設公開を行いました.
14行目: 16行目:
  
 
==季節の花ごよみ==
 
==季節の花ごよみ==
 +
===1月===
 +
*美しい赤い実がなることから正月の縁起物とされる[[アリドオシ|アリドオシ(一両)]]や[[ヤブコウジ|ヤブコウジ(十両)]],[[センリョウ|センリョウ(千両)]],[[マンリョウ|マンリョウ(万両)]]が実っています.[[アリドオシ]]の代わりに草本の[[ツルアリドオシ]]が一両と呼ばれることもあります.[[ビワ]]やフブキバナ,サツマノギクが開花します.
 +
{|
 +
|[[ファイル:20170113アリドオシ果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16395.JPG|250px|thumb|right|アリドオシ(一両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)|link=アリドオシ]]
 +
|[[ファイル:20170113ヤブコウジ果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16404.JPG|250px|thumb|right|ヤブコウジ(十両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)|link=ヤブコウジ]]
 +
|[[ファイル:20170113センリョウ果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16393.JPG|250px|thumb|right|センリョウ(千両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)|link=センリョウ]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20170113マンリョウ果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16398.JPG|250px|thumb|right|マンリョウ(万両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)|link=マンリョウ]]
 +
|[[ファイル:20180105ツルアリドオシ果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_24025.JPG|250px|thumb|right|ツルアリドオシ(一両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)|link=ツルアリドオシ]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20180105ビワ花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_24032.JPG|250px|thumb|right|ビワの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)|link=ビワ]]
 +
|[[ファイル:20180105ハッサク果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_24033.JPG|250px|thumb|right|ハッサクの果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20170113フブキバナ花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16365.JPG|250px|thumb|right|フブキバナの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)]]
 +
|[[ファイル:20170113サツマノギク花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_16370.JPG|250px|thumb|right|サツマノギクの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)]]
 +
|}
 +
 +
===12月===
 +
*「難を転じる」と言われ縁起植物とされる[[ナンテン]]と[[シロミナンテン_植物園・生態実験園|シロミナンテン]]が果実をつけています.紅白で縁起が良いとされ,正月に飾られます.
 +
 +
{|
 +
|[[ファイル:20191206ナンテン果実01_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_51873s.JPG|250px|thumb|right|ナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)|link=ナンテン]]
 +
|[[ファイル:20191206ナンテン果実02_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_51874s.JPG|250px|thumb|right|ナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)|link=ナンテン]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20191206シロミナンテン果実01_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_51869s.JPG|250px|thumb|right|シロミナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)|link=シロミナンテン_植物園・生態実験園]]
 +
|[[ファイル:20191206シロミナンテン果実02_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_51870s.JPG|250px|thumb|right|シロミナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)|link=シロミナンテン_植物園・生態実験園]]
 +
|}
 +
 +
===11月===
 +
*ウンシュウミカンの宮川早生という品種やレモンのリスボンという品種が色づいてきました.間もなく収穫です.シシトウガラシは分類学的にはピーマンと同じ種類とされています.熟すと赤くなりますが,普段食するのは熟す前の青いものです.ハボタンやビオラ,パンジーの植え付けの準備をしています.
 +
{|
 +
|[[ファイル:20161125ウンシュウミカン宮川早生_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15683.JPG|200px|thumb|right|ウンシュウミカン(温州みかん)の一品種,宮川早生の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|[[ファイル:20161125レモンリスボン_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15681.JPG|200px|thumb|right|レモン(リスボン)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|[[ファイル:20161125シシトウガラシ_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15686.JPG|200px|thumb|right|シシトウガラシ(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20161125ハボタン白_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15679.JPG|200px|thumb|right|ハボタン(白)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|[[ファイル:20161125ハボタン紅白_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15675.JPG|200px|thumb|right|ハボタン(白と紅)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|[[ファイル:20161125ハボタン紅_広島大学植物園_池田撮影_IMG_15677.JPG|200px|thumb|right|ハボタン(紅)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|-
 +
|[[ファイル:20161125マユハケオモト花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_70D_0804.JPG|200px|thumb|right|マユハケオモト(ヒガンバナ科)の花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)|link=マユハケオモト_植物園・生態実験園]]
 +
|[[ファイル:20161125テリハノギク花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_70D_0810.JPG|200px|thumb|right|テリハノギクの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)]]
 +
|}
 
===9月===
 
===9月===
 
{|
 
{|
25行目: 69行目:
 
|-
 
|-
 
|[[ファイル:20160902シュウカイドウ花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_70D_0211.JPG|200px|thumb|right|シュウカイドウの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)|link=]]
 
|[[ファイル:20160902シュウカイドウ花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_70D_0211.JPG|200px|thumb|right|シュウカイドウの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)|link=]]
|}
 
 
===8月===
 
*[[アサガオ_植物園・生態実験園|アサガオ]]と[[フウセンカズラ_植物園・生態実験園|フウセンカズラ]]が開花します.花や実を鑑賞するのにも使われますが,最近ではグリーンカーテン(壁面緑化)としての利用も増えています.
 
{|
 
|[[ファイル:20170804アサガオ白花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21656.JPG|250px|thumb|right|アサガオ(白花)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)|link=アサガオ_植物園・生態実験園]]
 
|[[ファイル:20170804アサガオ青紫花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21505.JPG|250px|thumb|right|アサガオ(青紫色)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)|link=アサガオ_植物園・生態実験園]]
 
|[[ファイル:20170804アサガオ赤紫花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21655.JPG|250px|thumb|right|アサガオ(赤紫色)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)|link=アサガオ_植物園・生態実験園]]
 
|-
 
|[[ファイル:20170728フウセンカズラ_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21289.JPG|200px|thumb|center|フウセンカズラ(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)|link=フウセンカズラ_植物園・生態実験園]]
 
|[[ファイル:20170728フウセンカズラ花_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21291.JPG|250px|thumb|right|フウセンカズラの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)|link=フウセンカズラ_植物園・生態実験園]]
 
|[[ファイル:20170728フウセンカズラ花と果実_広島大学植物園_池田撮影_IMG_21293.JPG|250px|thumb|right|フウセンカズラの花と果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2017)|link=フウセンカズラ_植物園・生態実験園]]
 
 
|}
 
|}
  
76行目: 108行目:
 
*園内の植物写真,植物リスト作成など資料収集
 
*園内の植物写真,植物リスト作成など資料収集
 
*[[生態実験園]]での里山的手法を用いた生物保護への試み
 
*[[生態実験園]]での里山的手法を用いた生物保護への試み
 +
*[[CSRによるキャンパスの自然観察|キャンパス・スチューデント・レンジャー(CSR)によるキャンパスの自然観察]]
 +
**[[カテゴリ:CSR|CSRによるキャンパスの自然観察]]
  
 
==植物栽培入門講座==
 
==植物栽培入門講座==
181行目: 215行目:
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
 +
[[Category:広島大学総合博物館]]
 
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:植物管理室]]
 
[[Category:植物管理室]]

2021年1月21日 (木) 12:24時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島植物園

東広島植物園 Higashi-hiroshima Botanical Garden

 東広島植物園は,統合生命科学研究科の施設として,生物科学専攻の講座を中心に,教員や学生の研究・教育が行われる場として利用されています.また,生物学における教材植物を栽培管理し提供しています.広島大学総合博物館と連携した活動も行っています.※植物管理室は,2019年4月より統合生命科学研究科・附属宮島自然植物実験所の所属となりました.

最新情報

  • 2021.01.01 あけましておめでとうございます.
  • 2020.12.28 学童保育の子どもたち6名が,焼き芋としめ縄作りを体験しました.
  • 2020.11.27 ニュースレター23号(最新号)が発行されています.
  • 2020.11.07 ホームカミングデーの学部企画として,東広島植物園の施設公開を行いました.
  • 2020.11.06 ひまわり保育園の園児がサツマイモ掘りを行いました.
  • 2020.10.30 生態実験園の水田にて,附属幼稚園の年長組が稲刈りを行いました.
  • 2020.09.03 植物栽培入門講座(R2年秋コース)は定員に達したため,募集を締め切りました.
  • 2020.08.21 ニュースレター22号が発行されています.

-> 過去のニュースはこちら

季節の花ごよみ

1月

アリドオシ(一両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)
ヤブコウジ(十両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)
センリョウ(千両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)
マンリョウ(万両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)
ツルアリドオシ(一両)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)
ビワの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)
ハッサクの果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 5, 2018)
フブキバナの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)
サツマノギクの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)

12月

  • 「難を転じる」と言われ縁起植物とされるナンテンシロミナンテンが果実をつけています.紅白で縁起が良いとされ,正月に飾られます.
ナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)
ナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)
シロミナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)
シロミナンテンの果実(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 6, 2019)

11月

  • ウンシュウミカンの宮川早生という品種やレモンのリスボンという品種が色づいてきました.間もなく収穫です.シシトウガラシは分類学的にはピーマンと同じ種類とされています.熟すと赤くなりますが,普段食するのは熟す前の青いものです.ハボタンやビオラ,パンジーの植え付けの準備をしています.
ウンシュウミカン(温州みかん)の一品種,宮川早生の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
レモン(リスボン)の果実(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
シシトウガラシ(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
ハボタン(白)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
ハボタン(白と紅)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
ハボタン(紅)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
マユハケオモト(ヒガンバナ科)の花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
テリハノギクの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)

9月

ヒガンバナの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)
シロバナマンジュシャゲの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 16, 2016)
ショウキズイセンの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
ガザニアの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)
ガガブタの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
ツリフネソウの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
シュウカイドウの花(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 2, 2016)

-> 年間の写真はこちら

施設案内

施設管理エリア

研究・教育エリア

見学・観察エリア

見学について

大温室・樹木園および実験圃場に関しては,平日の8時30分から17時30分の間,自由に見学していただいてもかまいません.

(土日祝日は,施設を閉鎖していますのでご注意ください)

管理棟・研究温室については,立ち入りを制限しています.見学等をご希望の方は,事前にご連絡ください.

また,生態実験園に関しては終日一般公開しておりますが,以下の事がらには十分注意してお入りください.

  • 実験中につき,通路以外に立ち入らないこと
  • 生物の採集・持ち込みをしないこと
  • ニホンマムシや危険な場所には注意すること

教育・研究活動支援

植物栽培入門講座

植物栽培入門講座26年春コース(広島大学植物園; 撮影: 塩路恒生, Jul. 10, 2014)

講座の目的

理科の先生や植物学の研究者を目指す学生を対象に,植物栽培の基礎を学んでもらう.実際に植物を育てることにより幅広い知識を身につけ,この講座で得た経験を今後の研究や教育に役立ててもらう.

講座の概要

学内より学生を募集し(定員10名)2時間程度の集合実習を8回行い,栽培に関する基礎講習と生育に合わせた実技指導を実施.実習期間中は各自が責任をもって管理収穫等を行う.

講座実習の主な内容

○管理機の扱い方 ○マルチ畝の作り方 ○肥料の施し方 ○農薬の扱い方 ○種まきの方法 ○定植の方法 ○摘心・選定の方法 ○収穫期の判断法など

受講した学生の声

  • 『実際に自分の手で作物を植え収穫できたことは,非常にいい経験になった.』
  • 『日々成長していく植物を観察することができて勉強になった.』
  • 『自分たちが実習で行ったことは栽培のほんの一部なので,すべての作業を考えると植物を育てることはとても容易でないと感じた.』

令和2年秋コース実習スケジュール

実習日:木曜日 14:35~16:05

第1回  9月10日(木) マルチ畝作り,ニンジンの種まき

第2回  9月17日(木) マルチ畝作り,ダイコン、ホウレンソウなどの種まき, ハクサイ,ブロッコリー,キャベツの定植

第3回  9月24日(木) 間引き,除草,シュンギク,レタスの定植

第4回 10月 1日(木) 噴霧器の扱い方

第5回 10月15日(木) 作物の調理法について

第6回 10月29日(木) 作物の収穫時期について(収穫)

第7回 11月12日(木) 作物の収穫時期について(収穫)

第8回 12月 3日(木) 作物の収穫,まとめ

<春コースで栽培する野菜>

秋コースの野菜の種(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 塩路恒生, Aug. 24, 2020)
  • ハクサイ(まほろば)
  • ブロッコリー(ピクセル)
  • 茎ブロッコリー(スティックセニョール)
  • キャベツ(グリーンボール)
  • ダイコン(冬自慢)
  • カブ(玉波,あやめ雪,二刀)
  • レタス(インターセプト)
  • ニンジン(ベーターリッチ)
  • ミズナ(水天)
  • シュンギク(中葉春菊)
  • チンゲンサイ(青帝)
  • ハツカダイコン(レッドチャイム)
  • ホウレンソウ(オシリス)

-> 過去の植物栽培入門講座はこちら

大学内への貢献

キャンパス内の自然環境保全

キャンパス内の緑化支援

自然体験学習への支援

大学祭

社会貢献

教材生物バザール

生物教材バザール会場(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)
生物教材バザール出品物(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)
生物教材バザール出品物(広島県東広島市八本松南 広島県立教育センター; 撮影: 池田誠慈, May 17, 2017)

理科教育の充実を図るために,広島県立教育センターにて毎年実施されている教材生物バザールにおいて,オジギソウオオムラサキツユクサヌマムラサキツユクサの苗などの配布をしています.

広島大学デジタル自然史博物館

東広島植物園(植物管理室)ニュースレター

植物目録

東広島植物園では,約107種の樹木と約30種の草本の植栽がされています.以下はその一覧です.ただし,希少種は一覧から除外してあります.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島植物園