「東広島キャンパスの生き物」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(6人の利用者による、間の272版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[東広島キャンパスの生き物]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの生き物]]
 
__NOTOC__
 
__NOTOC__
キャンパスで現在見られる動物の情報です.写真や名前をクリックすると解説ページに移動します(黄色く反転しているリンクは作成中のページです).解説ページの写真はクリックすると拡大します.
+
キャンパスで現在見られる動物の情報です.名前や写真をクリックすると解説ページに移動します.
  
 
*[[#過去のニュース|過去のニュースはこちら]]
 
*[[#過去のニュース|過去のニュースはこちら]]
 
*[[東広島キャンパスの花ごよみ|植物のページはこちら(東広島キャンパスの花ごよみ)]]
 
*[[東広島キャンパスの花ごよみ|植物のページはこちら(東広島キャンパスの花ごよみ)]]
 +
==2021==
 +
 +
===11月===
 +
*2021.11.19 東広島キャンパスで,渡ってきた冬鳥の[[ジョウビタキ]]や[[オオバン]],[[コガモ]],留鳥の[[カワセミ]]が観察できます.
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211119ジョウビタキ_東広島市鏡山_野崎撮影IMG_2328s.JPG|250px|thumb|right|ジョウビタキのオス(広島県東広島市鏡山;撮影:野崎このは, Nov. 19, 2021)|link=ジョウビタキ
 +
ファイル:20211119オオバン_東広島市鏡山_野崎撮影_IMG_2325s.JPG|250px|thumb|right|オオバン(広島県東広島市鏡山;撮影:野崎このは, Nov. 19, 2021)|link=オオバン
 +
ファイル:20211119コガモオス_東広島市鏡山_野崎撮影_IMG2363s.JPG|250px|thumb|right|コガモ(広島県東広島市鏡山;撮影:野崎このは, Nov. 19, 2021)|link=コガモ
 +
ファイル:20211119カワセミ_東広島市鏡山_本郷撮影_IMG_4759s .JPG|200px|thumb|right|カワセミ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 本郷圭祐,Nov. 19, 2021)|link=カワセミ
 +
</gallery>
 +
 +
*東広島キャンパスに[[ジョウビタキ]]や[[マヒワ]],[[オオバン]],[[マガモ]],[[ヒドリガモ]],[[ヨシガモ]]など多くの冬鳥が渡ってきています.
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:211104マガモ01 東広島市鏡山 藤川撮影 DSCN4181.JPG|200px|thumb|right|マガモ群飛の様子.雄個体らしき模様が確認できる(広島県東広島市鏡山; 撮影: 藤川亜也, Nov. 4, 2021)
 +
</gallery>
 +
 +
===トピックス===
 +
*東広島キャンパスの上空に2羽の[[コウノトリ]]が飛来しました.[[コウノトリ]]は国の特別天然記念物に指定されている大型の鳥類で,国内では一度野生化で絶滅したのちに現在は野生復帰の取り組みがなされています.東広島市にはここ数年間に毎年のように渡来しており,ため池や田んぼなどの周辺で観察されることがあります.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211103コウノトリ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0548s.JPG|250px|thumb|right|キャンパス上空を飛行中のコウノトリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Nov. 3, 2021)|link=コウノトリ
 +
ファイル:20211002コウノトリ_東広島市_大塚撮影_DSCN3737s.JPG|250px|thumb|right|東広島市に飛来したコウノトリ.足環から兵庫県で生まれた1歳の個体だと分かった.(広島県東広島市; 撮影: 大塚 攻, Oct. 2, 2021)|link=コウノトリ
 +
</gallery>
 +
 +
===10月===
 +
*2021.10.26-28 秋が深まり,成熟した赤とんぼの仲間が目に付くようになりました.目にする機会が多いのは,[[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]です.個体数は少ないものの,類似種の[[ヒメアカネ_広島大学東広島キャンパス|ヒメアカネ]]や[[マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス|マイコアカネ]]も生息するのでオスの識別ポイントを解説いたします.(大きさは マユタテ>マイコ=ヒメ)
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20211026マユタテアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266395s.jpg|250px|thumb|right|マユタテアカネ(オス)の頭部.黒斑を有する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211026ヒメアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266594s.jpg|250px|thumb|right|ヒメアカネ(オス)の頭部.全体的に白く,黒斑はない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=ヒメアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211028マイコアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266866s.jpg|250px|thumb|right|マイコアカネ(オス)の頭部.全体的に青く,黒斑はない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 28, 2021)|link=マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20211026マユタテアカネ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266383s.jpg|250px|thumb|right|マユタテアカネ(オス)の腹部.先が強く反り返り,腹節の下部には黒斑がない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211026ヒメアカネ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266637s.jpg|250px|thumb|right|ヒメアカネ(オス)の腹部.先は反り返らず,腹節の下部に明瞭な黒斑を有する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=ヒメアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211026マイコアカネ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266337s.jpg|250px|thumb|right|マイコアカネ(オス)の腹部.先はやや反り返り,腹節の下部に黒斑がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*[[アキアカネ_広島大学東広島キャンパス|アキアカネ]]は最もよく名前を知られているトンボの一種ですが,近年は地域によってはまとまった数を見ることができなくなりました.類似種に[[ナツアカネ_広島大学東広島キャンパス|ナツアカネ]]が存在し,成熟したオスは色の違いにより容易に識別可能です.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20211026アキアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266324s.jpg|250px|thumb|right|アキアカネの成虫(オス).成熟すると腹部のみ赤くなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=アキアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211026ナツアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_266510s.jpg|250px|thumb|right|ナツアカネの成虫(オス).成熟すると全身が赤くなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2021)|link=ナツアカネ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*2021.10.24-31 雨が降ると活発になる生き物のひとつが陸生貝類(カタツムリやナメクジのなかま)です.久しぶりの雨で[[セトウチマイマイ_広島大学東広島キャンパス|セトウチマイマイ]]や[[ヤマナメクジ_広島大学東広島キャンパス|ヤマナメクジ]]が這っていました.[[セトウチマイマイ_広島大学東広島キャンパス|セトウチマイマイ]]は樹上性で建物の壁や樹木の上で見られ,基本的に軟体部背面に濃色の条線が入るのが特徴です.殻に入る模様や色は個体間の変異が大きく,見ていて飽きさせない魅力があります.[[ヤマナメクジ_広島大学東広島キャンパス|ヤマナメクジ]]はきのこが大好物の大型のナメクジで,道を這っていてその大きさに仰天したことのある方も多いのではないでしょうか.また,大型の[[マイマイ属の一種_広島大学東広島キャンパス|マイマイ属の一種]]はキャンパス内での生息域が限られており,見ることができたらちょっとラッキーです.彼らの生息環境の周りでは,大型のオサムシでありカタツムリのなかまの天敵[[マイマイカブリ_広島大学東広島キャンパス|マイマイカブリ]]に食べられたであろう死骸の殻が転がっていることもあります.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211025セトウチマイマイ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0232s.JPG|200px|thumb|right|セトウチマイマイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 25, 2021)|link=セトウチマイマイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル:20211021セトウチマイマイ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0196s.JPG|200px|thumb|right|セトウチマイマイ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 21, 2021)|link=セトウチマイマイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル:20211104セトウチマイマイ_東広島市_岩﨑撮影_DSC_0927s.JPG|250px|thumb|right|背面に模様がないセトウチマイマイ.(広島県東広島市; 撮影: 岩﨑元道, Nov. 4, 2021)|link=セトウチマイマイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル:20211025ヤマナメクジ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0221s.JPG|250px|thumb|right|[[ヒトクチタケ_広島大学東広島キャンパス|ヒトクチタケ]]を食べるヤマナメクジ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 25, 2021)|link=ヤマナメクジ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20211025イズモマイマイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_256235s.jpg|250px|thumb|right|マイマイ属の一種.軟体部には雲状紋がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 25, 2021)|link=イズモマイマイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル:20211103マイマイカブリ_東広島市_岩﨑撮影_DSC_0877s.JPG|250px|thumb|right|マイマイカブリ(広島県東広島市; 撮影: 岩﨑元道, Nov. 3, 2021)|link=マイマイカブリ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*2021.10.01-08 秋が深まる中姿を見せた2種の大型鱗翅類(チョウのなかま)を紹介します.昼間に花を訪れていたのは[[アサギマダラ_広島大学東広島キャンパス|アサギマダラ]]というチョウで,ゆったりとした動きで舞うように飛びます.渡り鳥のように長距離を移動することで知られ,これからの季節東広島キャンパスの周辺にも多くの個体が飛来します.夜間に街灯にくっついていたのは[[クスサン_広島大学東広島キャンパス|クスサン]]という大型のガで,東広島キャンパスの周辺では10月の終わりごろまで発生します.後翅に目のような模様(眼状紋という)があり,鳥などの天敵に襲われた際にはねを開いて模様を見せつけ,威嚇します.姿を見せる時間帯も外見も全く異なる2種ですが,ぜひ探してみてください.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211005アサギマダラ_東広島市西条下見_岩﨑撮影_DSC_0060s.JPG|200px|thumb|right|アサギマダラ(広島県東広島市西条下見; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 5, 2021)|link=アサギマダラ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル:20211006クスサン_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0158s.JPG|200px|thumb|right|クスサン(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 6, 2021)|link=クスサン_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*ビオトープに現れた[[ニホンマムシ]]です.本来夜行性のヘビですが,秋には昼間に見かけることも多くなります.毒ヘビに咬まれるケースはほとんどが気づかずに踏んだり触ったりする場合なので,水辺の近くや茂みを歩くときは足元に注意してください.人の存在に気づくとあちらから逃げていくことが多いので,見つけてもむやみに近づいたり刺激したりしないようにしましょう.東広島キャンパスには[[ニホンマムシ]]をはじめ人に危害を及ぼすこともある生き物も数多く生息していますが,彼らのことを正しく知り,適切な距離感で観察できるようになると,危険な生き物というだけではない,生態系の一部としての彼らの素顔が見えてくるはずです.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211004ニホンマムシ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0978s.JPG|200px|thumb|right|ニホンマムシ(広島県東広島市; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 4, 2021)|link=ニホンマムシ
 +
</gallery>
 +
 +
*こちらは生態実験園に現れた[[シマヘビ]]です.[[ニホンアカガエル]]などを狙って水辺にいることが多いですが,[[ニホンマムシ]]と異なり毒牙を持っていません.東広島キャンパスには7種のヘビがいますが,[[シマヘビ]]は[[ニホンマムシ]]と並んで見かける機会が多いヘビです.まれに体のほとんどが黒く染まる黒化型が出現することがあり,そちらは一般にカラスヘビと呼ばれています.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20211008シマヘビ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0196s.JPG|200px|thumb|right|シマヘビ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 8, 2021)|link=シマヘビ
 +
ファイル:20211010ニホンアカガエル_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0323s.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル.キャンパスでの個体数が多くカエル食の生物の餌資源となっている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 10, 2021)|link=ニホンアカガエル
 +
</gallery>
  
==2020==
 
 
===9月===
 
===9月===
 +
*2021.09.16 キャンパス内で[[スズムシ_広島大学東広島キャンパス|スズムシ]],[[エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス|エンマコオロギ]],[[マツムシ_広島大学東広島キャンパス|マツムシ]]が鳴いています.これらは有名な鳴く虫であり,それぞれ鳴き声が印象的です.[[スズムシ_広島大学東広島キャンパス|スズムシ]]は「リーン…リーン…」,[[エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス|エンマコオロギ]]は「コロコロリー…」,[[マツムシ_広島大学東広島キャンパス|マツムシ]]は「チンチロリン」と聞こえる声で鳴きます.いずれも夜にキャンパス内を歩いているとよく聞こえますが,姿を見つけるのはやや難しいです.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210910スズムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238201s.jpg|250px|thumb|right|鳴くスズムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Sep. 16, 2021)|link=スズムシ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210916エンマコオロギ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238902s.jpg|250px|thumb|right|鳴くエンマコオロギの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Sep. 16, 2021)|link=エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210916マツムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238967s.jpg|250px|thumb|right|鳴くマツムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Sep. 16, 2021)|link=マツムシ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*森の中では色鮮やかなキノコが見られることがあります.[[ソライロタケ_広島大学東広島キャンパス|ソライロタケ]]は美しい青色のキノコで,広島県では準絶滅危惧種に選定されています.竹林や広葉樹林などの林床に見られます.[[アカイボカサタケ_広島大学東広島キャンパス|アカイボカサタケ]]も同様の環境に見られ,[[ソライロタケ_広島大学東広島キャンパス|ソライロタケ]]とは対照的な色をしています.[[モミジタケ_広島大学東広島キャンパス|モミジタケ]]も林床で見られ,珊瑚のような形が特徴的です.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210909ソライロタケ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_237855s.jpg|250px|thumb|right|ソライロタケ.キャンパスでは主に広葉樹林の林床に見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 9, 2021)|link=ソライロタケ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210915アカイボカサタケ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238851s.jpg|250px|thumb|right|アカイボカサタケ.苔むした倒木から発生していることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 15, 2021)|link=アカイボカサタケ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210908モミジタケ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_237278s.jpg|250px|thumb|right|モミジタケ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Sep. 8, 2021)|link=モミジタケ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
 +
*西条も秋めいて参りましたが,以下3種のセミはまだ鳴き声を聞くことができます.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210831ツクツクボウシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235350s.jpg|250px|thumb|right|ツクツクボウシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 31, 2021)|link=ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210827ミンミンゼミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_234230s.jpg|250px|thumb|right|ミンミンゼミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2021)|link=ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210830チッチゼミ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_234991s.jpg|250px|thumb|right|チッチゼミの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 30, 2021)|link=チッチゼミ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
===トピックス===
 +
*東広島キャンパスで再び[[ムネアカハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス|ムネアカハラビロカマキリ]]が発見されました.キャンパスでは2019年に初めて確認されました.在来の[[ハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス|ハラビロカマキリ]]に比べ大型で,名前通り胸部が全体的に赤いのが特徴です.本種は中国原産の外来種で,在来種を駆逐することが懸念されています.個別ページに詳細な識別方法が掲載されていますので,キャンパス内で発見された場合は情報提供をお願いします.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210831ムネアカハラビロカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235643s.jpg|250px|thumb|right|ムネアカハラビロカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Aug. 31, 2021)|link=ムネアカハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210831ムネアカハラビロカマキリ胸部_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235678s.jpg|250px|thumb|right|ムネアカハラビロカマキリの成虫(オス).前胸腹板が全体的に赤い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 31, 2021)|link=ムネアカハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20191009ムネアカハラビロカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_81833s.jpg|250px|thumb|right|ムネアカハラビロカマキリの成虫(メス).赤で囲った前脚腿節の顆粒が[[ハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス|ハラビロカマキリ]]より明らかに多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2019)|link=ムネアカハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
===8月===
 +
*2021,08.01-23 夜のキャンパス内では鳴く虫が発生しています.ウマオイ類は林縁部や草地に見られる肉食性のキリギリスで,キャンパスでは[[ハヤシノウマオイ_広島大学東広島キャンパス|ハヤシノウマオイ]]と[[ハタケノウマオイ_広島大学東広島キャンパス|ハタケノウマオイ]]が混生しています.[[ハヤシノウマオイ_広島大学東広島キャンパス|ハヤシノ]]は「スィーーー・チョン」とゆっくりとしたテンポで鳴き,[[ハタケノウマオイ_広島大学東広島キャンパス|ハタケノ]]は「シ・チョン!シ・チョン!」と早いテンポで鳴くことで識別できます(形態による識別は困難).丈の高い[[ススキ]]が茂る草地では,[[カヤキリ_広島大学東広島キャンパス|カヤキリ]]が見られます.日本最大級のキリギリスで,「ジャーーーーー」と非常に大きい声で鳴きます.
  
*2020.09.13-28 東広島キャンパスで[[コガタノゲンゴロウ_広島大学東広島キャンパス|コガタノゲンゴロウ]]を観察することができました.[[コガタノゲンゴロウ_広島大学東広島キャンパス|コガタノゲンゴロウ]]は1950年代以降大きく数を減らしたゲンゴロウの一種で絶滅が心配される種でしたが,近年急激に分布を拡大しており,個体数も回復しています.[[マルチビゲンゴロウ_広島大学東広島キャンパス|マルチビゲンゴロウ]]は微小なゲンゴロウ類で,こちらは近年減少傾向にあり環境省RDBで準絶滅危惧種に選定されています.[[トガリアメンボ_広島大学東広島キャンパス|トガリアメンボ]]は東南アジア原産の外来種で,その高い飛翔性から分布を拡大しています.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210805ハタケノウマオイ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_290285s.jpg|250px|thumb|right|鳴くハタケノウマオイの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Aug. 5, 2021)|link=ハタケノウマオイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210809ハヤシノウマオイ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_230811s.jpg|250px|thumb|right|鳴くハヤシノウマオイの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2021)|link=ハヤシノウマオイ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210803カヤキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_289864s.jpg|250px|thumb|right|鳴くカヤキリの成虫(オス).同時期に鳴く[[クサキリ_広島大学東広島キャンパス|クサキリ]]よりも声のボリュームが大きい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 3, 2021)|link=カヤキリ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*[[ヤママユ_広島大学東広島キャンパス|ヤママユ]]が発生しています.本州で見られる蛾では最大級で,オスは翅が細く,メスは翅が丸いです.[[ゴマフボクトウ_広島大学東広島キャンパス|ゴマフボクトウ]]も発生しており,細長い形と青い斑紋が特徴です.
|[[ファイル: 20200926コガタノゲンゴロウ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_143637s.jpg|250px|thumb|right|コガタノゲンゴロウの成虫(メス).東広島市内でも目撃情報が絶えない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 26, 2020)|link=コガタノゲンゴロウ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200922マルチビゲンゴロウ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142351s.jpg|250px|thumb|right|マルチビゲンゴロウの成虫.2mmほどしかない微小なゲンゴロウ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=マルチビゲンゴロウ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200928トガリアメンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144952s.jpg|250px|thumb|right|トガリアメンボの成虫.体長は4mmほどで,敏捷に泳ぐ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 28, 2020)]]
 
|}
 
  
様々なヘビの幼体(幼蛇)を観察することができました.[[シマヘビ]]と[[ジムグリ]]は幼蛇と成蛇で色彩が異なります.一方,[[シロマダラ]]は模様の変化が小さいです.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210808ヤママユ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_290698s.jpg|250px|thumb|right|ヤママユの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 8, 2021)|link=ヤママユ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210804ヤママユ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_290067s.jpg|250px|thumb|right|ヤママユの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 4, 2021)|link=ヤママユ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210819ゴマフボクトウ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_242594s.jpg|250px|thumb|right|ゴマフボクトウの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 19, 2021)|link=ゴマフボクトウ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*2021.08.23 キャンパス内で[[チッチゼミ_広島大学東広島キャンパス|チッチゼミ]]が鳴いています.キャンパスで最も遅い時期に鳴くセミです.
|[[ファイル: 20200910シマヘビ幼蛇_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137771s.jpg|200px|thumb|right|シマヘビの幼蛇.幼蛇はアズキヘビとも呼ばれる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 10, 2020)|link=シマヘビ]]
+
*2021.08.20 キャンパス内で[[ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス|ツクツクボウシ]]が鳴いています.
|[[ファイル: 20200929ジムグリ幼蛇_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_145220s.jpg|250px|thumb|right|ジムグリの幼蛇.赤地に黒の斑紋が特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 29, 2020)|link=ジムグリ]]
+
*2021.08.04 キャンパス内で[[クマゼミ_広島大学東広島キャンパス|クマゼミ]]が鳴き始めました.
|[[ファイル: 20200921シロマダラ幼蛇_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141303s.jpg|250px|thumb|right|シロマダラの幼蛇.成蛇に比べると体の白みが強い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 21, 2020)|link=シロマダラ]]
+
*2021.08.03 キャンパス内で[[ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス|ミンミンゼミ]]が鳴き始めました.
|}
 
  
東広島キャンパスは鳥の秋の渡りシーズンに入り,[[エゾビタキ]][[コサメビタキ]]などが見られます.[[エゾビタキ]]は胸から腹にかけての縦斑紋が特徴的で,[[コサメビタキ]]にはこれがありません.この二種はしばしば「フライキャッチ(空中で羽虫を捕らえる)」をする様子を観察することができます.森林内では[[オオムシクイ]]の姿を見ることができます.外見でメボソムシクイやコムシクイといった類似種と識別するのは難しく,鳴き声によって同定することが求められます.
+
===トピックス===
 +
*6月28日に,東広島キャンパスにおいて[[アライグマ]]が発見されました.5頭の幼獣が固まって見つかったことから構内で繁殖をしている可能性が高いです.[[アライグマ]]は特定外来生物に指定されており,農業や生態系に大きな影響を与えています.特に学内では,[[ニホンアカガエル_広島大学東広島キャンパス|ニホンアカガエル]][[ニホンイシガメ]]など在来の両生類や爬虫類に対する捕食圧が懸念されます.[[ホンドタヌキ]][[ニホンアナグマ]]に似ますが,目の周りの黒い模様が左右繋がって見えること,尾が縞々模様であることなどが特徴です.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="300" heights="300">
|[[ファイル: 20200927エゾビタキ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_143898s.jpg|250px|thumb|right|エゾビタキ.胸から腹にかけては白地で,明瞭な縦斑紋をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=エゾビタキ]]
+
ファイル: 20210628アライグマ幼獣_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_225401s.jpg |250px|thumb|right|アライグマの幼獣.5頭確認された.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2021)|link=アライグマ
|[[ファイル: 20200927コサメビタキ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144203s.jpg|250px|thumb|right|コサメビタキ.胸や腹に目立った斑紋はない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=コサメビタキ]]
+
</gallery>
|[[ファイル: 20200927オオムシクイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144627s.jpg|250px|thumb|right|オオムシクイ.野外において,メボソムシクイやコムシクイとは鳴き声以外での識別が困難.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=オオムシクイ]]
 
|}
 
  
キャンパスのクモ類です.林縁部では[[ビジョオニグモ_広島大学東広島キャンパス|ビジョオニグモ]]がよく見られます.腹部には人の顔のような模様があり,個体によって表情も様々です.薄暗い林内では[[キジロオヒキグモ_広島大学東広島キャンパス|キジロオヒキグモ]]が見られました.特徴的な長い腹部をもつ記録の少ないクモです.[[トビズムカデ_広島大学東広島キャンパス|トビズムカデ]]は大型のムカデで,夜間道路や樹幹を這っています.
+
===7月===
 +
*2021.07.08-07.30 7月上旬~中旬は,[[ニイニイゼミ_広島大学東広島キャンパス|ニイニイゼミ]]の声がよく聞こえました.「チィー…」と長く鳴き続けます.日没からは,セミたちの羽化の様子を観察することができました.[[ヒグラシ_広島大学東広島キャンパス|ヒグラシ]]は薄暗い森林内の低木で,[[クマゼミ_広島大学東広島キャンパス|クマゼミ]]は公園や道路脇の植栽樹木などで羽化をしていることが多いです.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200913ビジョオニグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_139573s.jpg|250px|thumb|right|ビジョオニグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=ビジョオニグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210716ニイニイゼミ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_233603s.jpg|250px|thumb|right|鳴くニイニイゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 16, 2021)|link=ニイニイゼミ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200929キジロオヒキグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_145165s.jpg|200px|thumb|right|キジロオヒキグモの成体(メス).長く伸びた腹部が特徴的.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 29, 2020)|link=キジロオヒキグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210724ヒグラシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_237895s.jpg|250px|thumb|right|羽化中のヒグラシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 24, 2021)|link=ヒグラシ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200920トビズムカデ成体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141192s.jpg|250px|thumb|right|トビズムカデの成体.脚の赤い個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 20, 2020)|link=トビズムカデ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210724クマゼミ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_237864s.jpg|250px|thumb|right|羽化中のクマゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 24, 2021)|link=クマゼミ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
セミや鳴く虫の紹介です.[[セイタカアワダチソウ]]や[[クズ]]の生える乾いた草地では,[[ヒロバネカンタン_広島大学東広島キャンパス|ヒロバネカンタン]]が鳴いています.[[カンタン]]とは異なり,「リー・リー」と音を引き延ばします.[[アカマツ]]林の樹上では[[チッチゼミ_広島大学東広島キャンパス|チッチゼミ]]が鳴いています.小型種で高枝にいることが多いため姿の観察は困難ですが,「チッチッチッチ...」という鳴き声はよく聞くことができます.[[生態実験園]]では[[ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス|ミンミンゼミ]]が[[アキニレ]]の枝に産卵する様子が見られました.
+
*夜の林縁部では[[ウスバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス|ウスバカゲロウ]]がよく飛んでいます.翅には目立った模様はなく,ゆらゆらと飛翔します.砂地にすり鉢状の巣を作るアリジゴクとはこの[[ウスバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス|ウスバカゲロウ]]の幼虫のことです.アリジゴクは巣に落ちた虫などを大アゴで捕らえ,体液を吸い取ります.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200922ヒロバネカンタン成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142232s.jpg|200px|thumb|right|[[クズ]]の葉裏から身を乗り出して鳴くヒロバネカンタンの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=ヒロバネカンタン_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210727ウスバカゲロウ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238336s.jpg|250px|thumb|right|ウスバカゲロウの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 27, 2021)|link=ウスバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200915チッチゼミ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_149984s.jpg|250px|thumb|right|[[アカマツ]]の高枝で鳴くチッチゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 15, 2020)|link=チッチゼミ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210726ウスバカゲロウ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238257s.jpg|250px|thumb|right|ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 26, 2021)|link=ウスバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200913ミンミンゼミ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_139029s.jpg|250px|thumb|right|[[アキニレ]]の枝に産卵するミンミンゼミの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210726ウスバカゲロウ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_238245s.jpg|250px|thumb|right|クモを捕らえたウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 26, 2021)|link=ウスバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
ササキリの仲間です.[[ササキリ_広島大学東広島キャンパス|ササキリ]]はやや薄暗い林縁部で「ジリジリジリジリ…」と鳴きます.複眼が真っ黒なのが特徴です.[[ホシササキリ_広島大学東広島キャンパス|ホシササキリ]][[ウスイロササキリ_広島大学東広島キャンパス|ウスイロササキリ]]は明るい草地で「シリリリリリ…」と鳴く,ともに似たササキリです.[[ホシササキリ_広島大学東広島キャンパス|ホシササキリ]]は乾燥した草地に多く,翅の側面に黒斑を有します.[[ウスイロササキリ_広島大学東広島キャンパス|ウスイロササキリ]]はやや湿った草地を好み,翅が長く目立った斑紋もありません.
+
*7月中旬まではあまり見られなかった[[ミヤマクワガタ_広島大学東広島キャンパス|ミヤマクワガタ]]ですが,下旬になるにつれて樹液を吸う姿を観察できるようになりました.[[カブトムシ_広島大学東広島キャンパス|カブトムシ]]は7月を通して個体数が多く,オス同士で激しく争う様子も見られました.[[ベニスズメ_広島大学東広島キャンパス|ベニスズメ]]などのスズメガ類も夜に樹液を吸っていました.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200922ササキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141756s.jpg|200px|thumb|right|鳴くササキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=ササキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210724ミヤマクワガタ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_237758s.jpg|250px|thumb|right|ミヤマクワガタの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 24, 2021)|link=ミヤマクワガタ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200922ホシササキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142046s.jpg|250px|thumb|right|ホシササキリの成虫(オス).東広島キャンパスでは多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=ホシササキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210722カブトムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235368s.jpg|250px|thumb|right|争うカブトムシの成虫(オス).頭部のツノで相手を投げ飛ばす.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 22, 2021)|link=カブトムシ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200923ウスイロササキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142554s.jpg|250px|thumb|right|ウスイロササキリ成虫(メス).東広島キャンパスでは少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2020)|link=ウスイロササキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210723ベニスズメ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_236109s.jpg|250px|thumb|right|樹液を吸うベニスズメの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 23, 2021)
|}
+
</gallery>
  
[[クマスズムシ_広島大学東広島キャンパス|クマスズムシ]]は畑地や林床などに見られるコオロギで,「シュリシュリシュリ…キーーーーーン」という独特な声で鳴きます.[[カネタタキ_広島大学東広島キャンパス|カネタタキ]]は樹上で「チン・チン・チン」と鳴きます.[[ツユムシ_広島大学東広島キャンパス|ツユムシ]]は明るい草地で見られ,「ピチッ・ピチッ」と小さく鳴きます.
+
*昼の樹液にはカナブン類が多く見られます.東広島キャンパスでは主に[[カナブン_広島大学東広島キャンパス|カナブン]][[アオカナブン_広島大学東広島キャンパス|アオカナブン]]の2種がよく見られます.まれに[[オオムラサキ_広島大学東広島キャンパス|オオムラサキ]]が樹液に集まる姿も観察することができます.薄暗い林内では,昼間でも[[オニベニシタバ_広島大学東広島キャンパス|オニベニシタバ]]が樹液を吸いに現れます.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200921クマスズムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141252s.jpg|250px|thumb|right|鳴くクマスズムシの成虫(オス).「シュリシュリシュリ…」という前奏から始まり,次第に「キーーーーーン」という高音に変化する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 21, 2020)|link=クマスズムシ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210711アオカナブン成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_232081s.jpg|250px|thumb|right|アオカナブン(右)とカナブン(左).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2021)|link=アオカナブン_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200922カネタタキ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142424s.jpg|250px|thumb|right|鳴くカネタタキの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=カネタタキ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210721オオムラサキ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235044s.jpg|250px|thumb|right|[[アベマキ]]の樹液を吸うオオムラサキの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 21, 2021)|link=オオムラサキ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200923ツユムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142563s.jpg|250px|thumb|right|ツユムシの成虫(オス).明るく開けた草地に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2020)|link=ツユムシ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210730オニベニシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_239665s.jpg|250px|thumb|right|オニベニシタバの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 30, 2021)|link=オニベニシタバ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
[[セスジツユムシ_広島大学東広島キャンパス|セスジツユムシ]]は発見の小径で最も見られるツユムシで,オスは主に夜間,「チチチチチ…ジーチョ・ジーチョ」と鳴きます.[[サトクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|サトクダマキモドキ]][[ヤマクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマクダマキモドキ]]は落葉広葉樹林の林縁部に多く見られます.両種はよく似ていますが,[[サトクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|サト]]では前脚が緑色の個体が多く,[[ヤマクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマ]]では前脚が赤く色づきます.
+
*枝の切れ端に擬態しているツマキシャチホコ類です.[[クロツマキシャチホコ_広島大学東広島キャンパス|クロツマキシャチホコ]]はキャンパスで最も個体数の多いツマキシャチホコ類で,翅頂の黄白色紋の前縁が茶褐色に色づいています.一方の[[ムクツマキシャチホコ_広島大学東広島キャンパス|ムクツマキシャチホコ]]は,キャンパス内での個体数は少なく,翅頂の黄白色紋の前縁は黒色に縁取られます.また,翅の中央付近の白斑が目立ちます.これら2種に加え,日本にはツマキシャチホコとタカサゴツマキシャチホコの計4種のツマキシャチホコ類が分布しています.[[モンクロシャチホコ_広島大学東広島キャンパス|モンクロシャチホコ]]はこれらにあまり似ていませんが,同じ属に分類されます.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200927セスジツユムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144759s.jpg|250px|thumb|right|鳴くセスジツユムシの成虫(オス).「チチチチチ…」という前奏から始まり,「ジーチョ・ジーチョ」という音で終わる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=セスジツユムシ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210723クロツマキシャチホコ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_236104s.jpg|250px|thumb|right|クロツマキシャチホコの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 23, 2021)|link=クロツマキシャチホコ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200923サトクダマキモドキ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142946s2.jpg|250px|thumb|right|サトクダマキモドキの成虫(オス).前脚の腿節が赤褐色にならない個体が多い(稀に色づく個体もいるため注意).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2020)|link=サトクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210723ムクツマキシャチホコ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_236081s.jpg|250px|thumb|right|ムクツマキシャチホコの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 23, 2021)|link=ムクツマキシャチホコ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200922ヤマクダマキモドキ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142436s2.jpg|250px|thumb|right|ヤマクダマキモドキの成虫(オス).前脚の腿節が赤褐色に色づく.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=ヤマクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210722モンクロシャチホコ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235669s.jpg|250px|thumb|right|モンクロシャチホコの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 22, 2021)|link=モンクロシャチホコ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
9月に見られた主なチョウです.[[ナガサキアゲハ_広島大学東広島キャンパス|ナガサキアゲハ]]は黒を基調とした大型のアゲハで,メスは前翅の基部に赤い斑紋があり,後翅には白い斑紋が並びます.[[ウラギンシジミ_広島大学東広島キャンパス|ウラギンシジミ]]はオスの翅表の斑紋が赤褐色であり,メスとの識別点になります.[[ツマグロキチョウ_広島大学東広島キャンパス|ツマグロキチョウ]]は食草の[[カワラケツメイ]]の減少とともに全国的に減っていますが,東広島では毎年安定して観察することができます.
+
*キリギリスの仲間です.日当たりの良い草地では[[キリギリス_広島大学東広島キャンパス|ニシキリギリス]]が鳴いています.「チョン・ギース!」と断続的に鳴きます.湿った丈の低い草地では[[ヒメギス_広島大学東広島キャンパス|ヒメギス]]が見られます.全体的に黒褐色をしており,弱く短い音で「シリリリリ…」と鳴きます.夜間の樹上や薮では[[ヤブキリ_広島大学東広島キャンパス|ヤブキリ]]が鳴きます.[[ヒメギス_広島大学東広島キャンパス|ヒメギス]]よりも強い音で「シリリリリ…」と鳴きます.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200913ナガサキアゲハ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_138780s.jpg|250px|thumb|right|静止するナガサキアゲハの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=ナガサキアゲハ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210711ニシキリギリス成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_231878s.jpg|250px|thumb|right|ニシキリギリスの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2021)|link=キリギリス_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200922ウラギンシジミ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141746s.jpg|250px|thumb|right|秋型のウラギンシジミの成虫(オス).やや前翅頂が尖る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=ウラギンシジミ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210711ヒメギス成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_231253s.jpg|250px|thumb|right|ヒメギスの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2021)|link=ヒメギス_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200928ツマグロキチョウ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144871s.jpg|250px|thumb|right|[[ブタナ]]で吸蜜するツマグロキチョウの成虫(秋型).後翅裏に黒い筋が入る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 28, 2020)|link=ツマグロキチョウ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210709ヤブキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_230112s.jpg|250px|thumb|right|ヤブキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 9, 2021)|link=ヤブキリ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
トンボの紹介です.水草の豊富な池では[[ムスジイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|ムスジイトトンボ]]が見られます.[[オオイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|オオイトトンボ]]によく似ており,細かな違いを確認する必要があります.[[オオルリボシヤンマ_広島大学東広島キャンパス|オオルリボシヤンマ]]は過去のトンボ相調査(青山ほか 2014)でも記録がなく,キャンパス内のため池で発生した個体かどうかは不明です.浅くなった泥地では[[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]の連結産卵が見られます.
+
*大型のカミキリムシです.[[シロスジカミキリ_広島大学東広島キャンパス|シロスジカミキリ]]は雑木林に多く見られ,[[アラカシ]]や[[コナラ]]などのブナ科についている姿がよく見られます.下旬には産卵をしている個体を観察することができました.[[クワカミキリ_広島大学東広島キャンパス|クワカミキリ]]は[[イチジク_広島大学東広島キャンパス|イチジク]]や[[マグワ]]などに寄生します.[[ミヤマカミキリ_広島大学東広島キャンパス|ミヤマカミキリ]]は[[クリ]]や[[アベマキ]]などに集まります.[[クワカミキリ_広島大学東広島キャンパス|クワカミキリ]][[ミヤマカミキリ_広島大学東広島キャンパス|ミヤマカミキリ]]は体色が似ていますが,[[クワカミキリ_広島大学東広島キャンパス|クワカミキリ]]は触角が縞々で,鞘翅の付け根に黒い顆粒が多いことが特徴です.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200913ムスジイトトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_138328s.jpg|250px|thumb|right|ムスジイトトンボの成虫(オス).[[オオイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|オオイトトンボ]]に似るが,複眼は青みが強く,後眼紋が小さい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=ムスジイトトンボ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210728シロスジカミキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_239339s.jpg|250px|thumb|right|産卵中のシロスジカミキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 28, 2021)|link=シロスジカミキリ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200927オオルリボシヤンマ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144175s.jpg|250px|thumb|right|オオルリボシヤンマの成虫(オス).東広島キャンパスでは過去に目撃例がない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=オオルリボシヤンマ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210714クワカミキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_232852s.jpg|250px|thumb|right|クワカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2021)|link=クワカミキリ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200927マユタテアカネ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144115s.jpg|200px|thumb|right|連結飛翔するマユタテアカネ.産卵行動も見られた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)|link=マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210712ミヤマカミキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_232428s.jpg|250px|thumb|right|ミヤマカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 12, 2021)|link=ミヤマカミキリ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
キャンパスで見られる個性的なイモムシです.[[ウラギンシジミ_広島大学東広島キャンパス|ウラギンシジミ]]の幼虫は尻の方に二本の角をもち,刺激を受けるとここから線香花火のような突起を出します.[[シンジュサン_広島大学東広島キャンパス|シンジュサン]]の幼虫は青白い体色に短い突起が並んでいるのが特徴です.[[シャチホコガ_広島大学東広島キャンパス|シャチホコガ]]の幼虫は刺激を受けると反り返り,長い胸脚を広げて体を震わせます.
+
*2021.07.26 東広島キャンパスで[[ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス|ツクツクボウシ]]が鳴き始めました.
 +
*2021.07.19 東広島キャンパスで[[アブラゼミ_広島大学東広島キャンパス|アブラゼミ]]が鳴き始めました.
  
{|
+
*東広島キャンパスでは[[ニイニイゼミ_広島大学東広島キャンパス|ニイニイゼミ]][[ヒグラシ_広島大学東広島キャンパス|ヒグラシ]]が鳴いています.草地では[[キリギリス_広島大学東広島キャンパス|ニシキリギリス]]が鳴いています.
|[[ファイル: 20200913ウラギンシジミ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_139272s.jpg|250px|thumb|right|ウラギンシジミの幼虫.[[クズ]]の花序を調べると見つかる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=ウラギンシジミ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200913シンジュサン幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_139388s.jpg|250px|thumb|right|シンジュサンの幼虫.[[シンジュ]](ニワウルシ)のみならず,[[クロガネモチ]]や[[カラスザンショウ]],[[コシアブラ]]など様々な樹種につく.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)|link=シンジュサン_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200922シャチホコガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142058s.jpg|250px|thumb|right|威嚇するシャチホコガの幼虫.落葉広葉樹の葉を好む.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)|link=シャチホコガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
*2020.09.17 [[ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス|ツクツクボウシ]][[ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス|ミンミンゼミ]]がまだ鳴いていますが,もうすぐセミの季節も終わりそうです.
+
*2021.06.22-07.07 6月下旬から7月にかけても,雨が降る日が続きました.小雨が降る[[生態実験園]]ではオタマジャクシから変態したばかりの[[ニホンアカガエル_広島大学東広島キャンパス|ニホンアカガエル]]や[[シュレーゲルアオガエル_広島大学東広島キャンパス|シュレーゲルアオガエル]]の幼体が数多く見られます.林縁の葉上では陸生プラナリアである[[ゲオプラナ亜科の一種_広島大学東広島キャンパス|ゲオプラナ亜科の一種]]も観察することができました.コウガイビル同様多くの眼点(視覚器官)をもち,小動物を捕らえて捕食します.
  
*2020.09.01-10 東広島キャンパスで見られた青い昆虫を紹介します.[[ルリクチブトカメムシ_広島大学東広島キャンパス|ルリクチブトカメムシ]]は水田脇や河川敷などの草むらに見られる美しい瑠璃色のカメムシで,ハムシなどを襲う肉食性です.[[アキノタムラソウ]]の花期が終わったため,[[ナミルリモンハナバチ_広島大学東広島キャンパス|ナミルリモンハナバチ]]は[[ミソハギ]]や[[キツネノマゴ]]に飛んできます.[[オオセイボウ_広島大学東広島キャンパス|オオセイボウ]]は全身が青い金属光沢を帯びる美しいハチですが,キャンパスではやや観察が難しく,[[ノブドウ]]や[[キツネノマゴ]]に稀に吸蜜にやってきます.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210625ニホンアカガエル幼体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_221095s.jpg|250px|thumb|right|ニホンアカガエルの幼体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 25, 2021)|link=ニホンアカガエル_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210623シュレーゲルアオガエル幼体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219883s.jpg|250px|thumb|right|シュレーゲルアオガエルの幼体.まだ尾が残っている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=シュレーゲルアオガエル_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210629ゲオプラナ亜科の一種_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_226231s.jpg|250px|thumb|right|ゲオプラナ亜科の一種.雨天の[[生態実験園]]に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 29, 2021)|link=ゲオプラナ亜科の一種_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*[[アラカシ]]の樹液では[[ノコギリクワガタ_広島大学東広島キャンパス|ノコギリクワガタ]]が見られました.大型のクワガタムシで雌雄ともに赤みを帯びます.オスは大きさによって大アゴの形が異なり,大型個体では湾曲し小型個体では真っ直ぐになります.樹液にはスズメバチの仲間も飛来するので観察の際には要注意です.他のスズメバチは深夜には樹液に集まらないことが多いですが,[[オオスズメバチ_広島大学東広島キャンパス|オオスズメバチ]]の女王や[[モンスズメバチ_広島大学東広島キャンパス|モンスズメバチ]]は夜明けまで滞在していることがあり,懐中電灯目掛けて飛んでくることもあります.その際には慌てずライトを消して対処しましょう.
|[[ファイル: 20200903ルリクチブトカメムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_134841s.jpg|250px|thumb|right|ルリクチブトカメムシの成虫.瑠璃色の金属光沢が特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 3, 2020)|link=ルリクチブトカメムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200901ナミルリモンハナバチ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_133814s.jpg|250px|thumb|right|[[ミソハギ]]に飛来するナミルリモンハナバチの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 1, 2020)|link=ナミルリモンハナバチ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200908オオセイボウ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_135980s.jpg|250px|thumb|right|[[ノブドウ]]で吸蜜するオオセイボウの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 8, 2020)]]
 
|}
 
  
他の虫に擬態していると考えられる生き物を紹介します.[[ホソヘリカメムシ_広島大学東広島キャンパス|ホソヘリカメムシ]]の若齢幼虫は非常にアリに似た姿形をしていますが,鋭い口吻があるのでカメムシであることがわかります.[[キボシマルウンカ_広島大学東広島キャンパス|キボシマルウンカ]]は様々な植物につく6-7mmほどの昆虫で,テントウムシに酷似しますが,ウンカに近縁な昆虫です.[[オドリハマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|オドリハマキモドキ]]は翅を立たせながら葉上をせわしなく動き回ります.前翅の先端に並ぶ黒い斑紋がハエトリグモの目のように見え,小刻みに跳ねながら動くさまもそっくりです.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210624ノコギリクワガタ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220387s.jpg|250px|thumb|right|ノコギリクワガタ.オスがメスに覆い被さり,防衛している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=ノコギリクワガタ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210624モンスズメバチ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220638s.jpg|250px|thumb|right|モンスズメバチの成虫(メス).頭部の単眼は暗色斑に覆われる(赤矢印の先).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=モンスズメバチ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210627ヒメスズメバチ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_224966s.jpg|250px|thumb|right|樹液を吸うヒメスズメバチの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 27, 2021)|link=ヒメスズメバチ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*樹液に集まるヤガ科には,Catocala(カトカラ)というグループが存在します.後翅に鮮やかな斑紋をもつ蛾が多く,初夏~晩夏にかけて観察することができます.ここでは,カトカラの中で○○キシタバという名を冠する種を掲載します.(おおよその出現時期順に並べています.)
|[[ファイル: 20200903ホソヘリカメムシ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_135037s.jpg|250px|thumb|right|ホソヘリカメムシの幼虫.カメムシである証拠として,口吻がある(矢印).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 3, 2020)|link=ホソヘリカメムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200831キボシマルウンカ交尾_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_133066s.jpg|250px|thumb|right|交尾中のキボシマルウンカ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 31, 2020)|link=キボシマルウンカ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200831オドリハマキモドキ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_133411s.jpg|250px|thumb|right|オドリハマキモドキの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 31, 2020)]]
 
|}
 
  
広義のバッタ類です.[[クルマバッタ_広島大学東広島キャンパス|クルマバッタ]]は東広島キャンパスでは限られた草地でしか観察することができません.[[クルマバッタモドキ_広島大学東広島キャンパス|クルマバッタモドキ]]や[[トノサマバッタ_広島大学東広島キャンパス|トノサマバッタ]]に似ていますが,胸部背面がやや盛り上がること,飛ぶとき後翅に黒い輪っか模様が確認できること,翅の模様など総合的に見ると識別可能です.[[アシグロツユムシ_広島大学東広島キャンパス|アシグロツユムシ]]は林縁部などで見られるツユムシの仲間で,「ジキ・ジキ...」と目立たない声で鳴きます.[[アオマツムシ_広島大学東広島キャンパス|アオマツムシ]]は明治頃に帰化したとされる外来種です.街路樹や雑木林などの樹上で「チリー・チリー!」と騒がしく鳴きます.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210623アサマキシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220346s.jpg|250px|thumb|right|アサマキシタバの成虫.カトカラでは最も出現時期が早い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=アサマキシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210624フシキキシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220520s.jpg|250px|thumb|right|フシキキシタバの成虫.後翅の黒色斑が細い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=フシキキシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210625コガタキシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220873s.jpg|250px|thumb|right|コガタキシタバの成虫.前翅基部の暗色斑が広い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 25, 2021)|link=コガタキシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210623ウスイロキシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220336s.jpg|250px|thumb|right|ウスイロキシタバの成虫.前翅前縁に大きい黒色斑が並ぶ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=ウスイロキシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210624マメキシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220612s.jpg|250px|thumb|right|マメキシタバの成虫.吸密中も後翅を晒すことが少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=マメキシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210702キシタバ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_226852s.jpg|250px|thumb|right|キシタバの成虫.○○キシタバでは最も大型の種類で,前翅が黄褐色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)|link=キシタバ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*梅雨時期の里山のチョウたちです.開けた草地の[[ノアザミ]]には[[ウラギンヒョウモン_広島大学東広島キャンパス|ウラギンヒョウモン]]が,林縁部の[[ノアザミ]]には[[ホソバセセリ_広島大学東広島キャンパス|ホソバセセリ]]が蜜を吸いに現れます.[[ヒメジョオン]]には夏型の[[トラフシジミ_広島大学東広島キャンパス|トラフシジミ]]が飛来していました.春に発生する個体に比べて全体的に茶褐色なのが特徴です.
|[[ファイル: 20200909クルマバッタ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_136739s.jpg|250px|thumb|right|緑色型のクルマバッタの成虫(メス).胸部背面が盛り上がる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 9, 2020)|link=クルマバッタ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200901アシグロツユムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_133202s.jpg|250px|thumb|right|アシグロツユムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 1, 2020)|link=アシグロツユムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200909アオマツムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137056s.jpg|250px|thumb|right|鳴くアオマツムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 9, 2020)|link=アオマツムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210707ウラギンヒョウモン成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229317s.jpg|250px|thumb|right|[[ノアザミ]]で吸蜜するウラギンヒョウモンの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 7, 2021)|link=ウラギンヒョウモン_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210702ホソバセセリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_227072s.jpg|250px|thumb|right|[[ノアザミ]]で吸蜜するホソバセセリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)|link=ホソバセセリ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210629トラフシジミ成虫夏型_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_225643s.jpg|250px|thumb|right|[[ヒメジョオン]]で吸蜜するトラフシジミの成虫(夏型).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 29, 2021)|link=トラフシジミ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
カマキリ類も発生しています.[[ハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス|ハラビロカマキリ]]は樹上で見られるカマキリで,昨年キャンパスで確認された外来種の[[ムネアカハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス|ムネアカハラビロカマキリ]]との競合が懸念されます.[[チョウセンカマキリ_広島大学東広島キャンパス|チョウセンカマキリ]][[オオカマキリ_広島大学東広島キャンパス|オオカマキリ]]に酷似しますが,やや開けた草地などの環境を好みます.詳しい解説はそれぞれの個別ページをご覧ください.[[コカマキリ_広島大学東広島キャンパス|コカマキリ]]は地表付近で見られるカマキリで,前脚の脛節の内側の斑紋が特徴です.
+
*林縁部の[[アオハダ]]の葉裏などでしばしば見られる[[エサキモンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|エサキモンキツノカメムシ]]ですが,酷似する近縁種に[[モンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|モンキツノカメムシ]]がいます.出現時期や環境が被るので識別が難しいですが,[[エサキモンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|エサキモンキ]]では背面の斑紋がハート形になるのに対し、[[モンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|モンキ]]では半円形になります.また,[[ウシカメムシ_広島大学東広島キャンパス|ウシカメムシ]]は体長8 mmほどで小型でありながら,二本の鋭い角が目を引きます.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200908ハラビロカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_136374s.jpg|250px|thumb|right|褐色型のハラビロカマキリ成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 8, 2020)|link=ハラビロカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210624エサキモンキツノカメムシ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220606s.jpg|250px|thumb|right|エサキモンキツノカメムシの成虫.背面の斑紋は切れ込みが入ってハート形をしており,体色は黄色味が強い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=エサキモンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200910チョウセンカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137500s.jpg|250px|thumb|right|チョウセンカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 10, 2020)|link=チョウセンカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210624モンキツノカメムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220600s.jpg|250px|thumb|right|モンキツノカメムシの成虫.背面の斑紋は半円形で,体色は緑がかる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2021)|link=モンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200827コカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132087s.jpg|250px|thumb|right|コカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=コカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210623ウシカメムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220060s.jpg|250px|thumb|right|ウシカメムシの成虫.肩部の角が特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=ウシカメムシ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
 +
*[[ガマ]]や[[ヨシ]]など,抽水植物の多いため池では[[アオヤンマ_広島大学東広島キャンパス|アオヤンマ]]が生息します.全身が鮮やかな緑色をしており,抽水植物の間を縫うように飛びます.また,同様に水草の豊富なため池には[[チョウトンボ_広島大学東広島キャンパス|チョウトンボ]]も見られます.蝶のようにひらひらと舞うように飛び,東広島キャンパスでは数も多く目にする機会が多いトンボです.湿地では日本最小のトンボである[[ハッチョウトンボ_広島大学東広島キャンパス|ハッチョウトンボ]]が見られます.
  
キャンパス内の小川では[[ハグロトンボ_広島大学東広島キャンパス|ハグロトンボ]]がよく見られます.翅がすべて黒く,オスは腹部が金緑色に輝くので大変印象的です.[[アジアイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|アジアイトトンボ]]はため池や湿地で見られ,[[アオモンイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|アオモンイトトンボ]]に似ていますが一回り小さいです.[[オニヤンマ_広島大学東広島キャンパス|オニヤンマ]]は日本最大のトンボで,ゆったりと飛翔するさまは圧巻です.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210623アオヤンマ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219907s.jpg|250px|thumb|right|アオヤンマの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=アオヤンマ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210707チョウトンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229614s.jpg|250px|thumb|right|チョウトンボの成虫.羽化直後の個体は光沢が強い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 7, 2021)|link=チョウトンボ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210622ハッチョウトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219418s.jpg|250px|thumb|right|ハッチョウトンボの成虫(オス).全長は500円玉よりも小さい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 22, 2021)|link=ハッチョウトンボ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*東広島キャンパスで見られる大型のコガネムシには,[[コフキコガネ_広島大学東広島キャンパス|コフキコガネ]]と[[オオコフキコガネ_広島大学東広島キャンパス|オオコフキコガネ]]がいます.両種ともに体表が細毛で覆われているのが特徴ですが,名が指すほど体長に差がなく,やや識別に難儀します.しかし,[[コフキコガネ_広島大学東広島キャンパス|コフキ]]では毛の色が黄褐色なのに対し,[[オオコフキコガネ_広島大学東広島キャンパス|オオコフキ]]では毛の色が灰白色といった特徴があります(これらの毛は脱落している場合もあるので注意).[[ヒメコガネ_広島大学東広島キャンパス|ヒメコガネ]]は変異の大きいコガネムシで,赤・緑・青と様々な色の個体を見つけることができます.[[ドウガネブイブイ_広島大学東広島キャンパス|ドウガネブイブイ]][[アオドウガネ_広島大学東広島キャンパス|アオドウガネ]]もよく見られるコガネムシです.
|[[ファイル: 20200910ハグロトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137431s.jpg|200px|thumb|right|山中谷川のハグロトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 10, 2020)|link=ハグロトンボ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200910アジアイトトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137873s.jpg|250px|thumb|right|湿地のアジアイトトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 10, 2020)|link=アジアイトトンボ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200910オニヤンマ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_137226s.jpg|200px|thumb|right|オニヤンマの成虫(メス).産卵管がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 10, 2020)|link=オニヤンマ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
===8月===
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
*2020.08.24-30 東広島キャンパスでは秋の鳴く虫が多く出現しています.[[スズムシ_広島大学東広島キャンパス|スズムシ]]や[[マツムシ_広島大学東広島キャンパス|マツムシ]]は[[ススキ]]などが茂る草地で鳴き声を聞くことができます.[[カンタン_広島大学東広島キャンパス|カンタン]]は[[クズ]]や[[ツクシハギ]]が生える草地で見られ,「ルルルルル…」と透き通った声で鳴きます.[[エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス|エンマコオロギ]]や[[ミツカドコオロギ_広島大学東広島キャンパス|ミツカドコオロギ]],[[ツヅレサセコオロギ_広島大学東広島キャンパス|ツヅレサセコオロギ]]などのコオロギ類も出現しています.([[エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス|エンマ]]は「コロコロリー」,[[ミツカドコオロギ_広島大学東広島キャンパス|ミツカド]]は「ジッ・ジッ・ジッ」,[[ツヅレサセコオロギ_広島大学東広島キャンパス|ツヅレサセ]]は「リー・リー・リー」といずれも地表付近で鳴く.)[[ヤマトヒバリ_広島大学東広島キャンパス|ヤマトヒバリ]]や[[クサヒバリ_広島大学東広島キャンパス|クサヒバリ]],[[オナガササキリ_広島大学東広島キャンパス|オナガササキリ]]は林縁部で鳴き声を聞く機会が多いです.[[マツムシモドキ_広島大学東広島キャンパス|マツムシモドキ]]や[[ウスグモスズ_広島大学東広島キャンパス|ウスグモスズ]]はそれぞれマツムシ科,ヒバリモドキ科に属しますが,いずれも鳴かない種です.[[クマスズムシ_広島大学東広島キャンパス|クマスズムシ]]はスズムシではなくコオロギに近縁で,独特な高い声で鳴きます.
+
ファイル: 20210707コフキコガネ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229232s.jpg|250px|thumb|right|コフキコガネの成虫(メス).黄褐色の毛に覆われる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 7, 2021)|link=コフキコガネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210629オオコフキコガネ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_225630s.jpg|250px|thumb|right|オオコフキコガネの成虫(メス).灰白色の毛に覆われる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 29, 2021)|link=オオコフキコガネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210706ヒメコガネ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229125s.jpg|250px|thumb|right|ヒメコガネの成虫.緑色の個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 6, 2021)|link=ヒメコガネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210706ヒメコガネ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229208s.jpg|250px|thumb|right|ヒメコガネの成虫.赤みの強い個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 6, 2021)|link=ヒメコガネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210702アオドウガネ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_227182s.jpg|250px|thumb|right|アオドウガネの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)|link=アオドウガネ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210629ドウガネブイブイ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_225696s.jpg|250px|thumb|right|ドウガネブイブイの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 29, 2021)|link=ドウガネブイブイ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*アミメカゲロウ目の昆虫です.[[キカマキリモドキ_広島大学東広島キャンパス|キカマキリモドキ]][[オオツノトンボ_広島大学東広島キャンパス|オオツノトンボ]]はそれぞれカマキリ,トンボに似ていますが,それらとは別のグループに属しています.[[ヤマトヒロバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス|ヤマトヒロバカゲロウ]]は初夏に発生する[[カスリヒロバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス|カスリヒロバカゲロウ]]と入れ替わるように出現し,7月中はよく見られます.
|[[ファイル: 20200825スズムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131641s.jpg|250px|thumb|right|鳴くスズムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 25, 2020)|link=スズムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200825マツムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131650s.jpg|250px|thumb|right|鳴くマツムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 25, 2020)|link=マツムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827カンタン成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132305s.jpg|250px|thumb|right|[[クズ]]の葉の隙間から鳴くカンタンの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=カンタン_広島大学東広島キャンパス]]
 
|-
 
|[[ファイル: 20200827エンマコオロギ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132312s.jpg|250px|thumb|right|エンマコオロギの成虫(オス).オスも丸みを帯びた頭部をしている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=エンマコオロギ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827ミツカドコオロギ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132341s.jpg|250px|thumb|right|ミツカドコオロギの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=ミツカドコオロギ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200828ツヅレサセコオロギ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132820s.jpg|250px|thumb|right|鳴くツヅレサセコオロギの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 28, 2020)|link=ツヅレサセコオロギ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|-
 
|[[ファイル: 20200825ヤマトヒバリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131632s.jpg|250px|thumb|right|ヤマトヒバリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 25, 2020)|link=ヤマトヒバリ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827クサヒバリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132268s.jpg|250px|thumb|right|クサヒバリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=クサヒバリ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827オナガササキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132372s.jpg|250px|thumb|right|鳴くオナガササキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=オナガササキリ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|-
 
|[[ファイル: 20200828マツムシモドキ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132832s.jpg|250px|thumb|right|マツムシモドキの成虫(オス).鳴かない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 28, 2020)|link=マツムシモドキ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827ウスグモスズ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132270s.jpg|250px|thumb|right|ウスグモスズの成虫(オス).鳴かない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=ウスグモスズ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827クマスズムシ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132288s.jpg|250px|thumb|right|クマスズムシの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=クマスズムシ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
[[ヤママユ_広島大学東広島キャンパス|ヤママユ]]は大型の蛾で,晩夏から初秋にかけて出現します.[[ヤホシホソマダラ_広島大学東広島キャンパス|ヤホシホソマダラ]]は胴体が青く輝く美しい昼行性の蛾で,キャンパスでは6-7月と9-10月に開けた草地で観察することができます.[[ヒメクロホウジャク_広島大学東広島キャンパス|ヒメクロホウジャク]]も昼行性で,[[ミソハギ]]の花に訪花していました.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210623キカマキリモドキ成虫オス_東広島市鏡山南葉撮影_IMG_220258s.jpg|250px|thumb|right|キカマキリモドキの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 23, 2021)|link=キカマキリモドキ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210629オオツノトンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_226027s.jpg|250px|thumb|right|オオツノトンボの成虫.昼間は林縁部の草むらで休んでいる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 29, 2021)|link=オオツノトンボ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210702ヤマトヒロバカゲロウ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_226856s2.jpg|250px|thumb|right|ヤマトヒロバカゲロウの成虫.前翅後縁の中央付近に黒点がある(赤矢印).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 2, 2021)|link=ヤマトヒロバカゲロウ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
===6月===
|[[ファイル: 20200825ヤママユ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131671s.jpg|250px|thumb|right|ヤママユの成虫(メス).翅の色には変異がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 25, 2020)|link=ヤママユ_広島大学東広島キャンパス]]
+
*2021.06.13-18 東広島キャンパスでは[[ゲンジボタル_広島大学東広島キャンパス|ゲンジボタル]]が舞っています.主に小川や渓流を生息地とし,日本産ホタルの中でも大型種で光もよく目立ちます.かつてはキャンパス内の湿地で[[ヘイケボタル_広島大学東広島キャンパス|ヘイケボタル]]も多く見られましたが,[[アメリカザリガニ]]の侵入などとともに激減し,現在では数年に一度目撃されるのみになってしまいました.これらの2種に加え,キャンパス内では[[オオマドボタル_広島大学東広島キャンパス|オオマドボタル]]と[[オバボタル_広島大学東広島キャンパス|オバボタル]][[ムネクリイロボタル_広島大学東広島キャンパス|ムネクリイロボタル]]の計5種が確認されています.後3種は昼行性で,強く発光することはありません.ここでは[[オオマドボタル_広島大学東広島キャンパス|オオマドボタル]]を除いた4種の写真を掲載します.
|[[ファイル: 20200828ヤホシホソマダラ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132791s.jpg|250px|thumb|right|ヤホシホソマダラの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 28, 2020)|link=ヤホシホソマダラ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827ヒメクロホウジャク成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131955s.jpg|250px|thumb|right|ヒメクロホウジャクの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=ヒメクロホウジャク_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
トンボの仲間は,アカネ属の[[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]や[[ヒメアカネ_広島大学東広島キャンパス|ヒメアカネ]],[[マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス|マイコアカネ]]の未成熟個体をため池や湿地の周辺で観察することができます.[[アオイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|アオイトトンボ]]や[[コバネアオイトトンボ_広島大学東広島キャンパス|コバネアオイトトンボ]]は既に成熟しており,林縁部の草本にとまる姿が見られます.[[カトリヤンマ_広島大学東広島キャンパス|カトリヤンマ]]などのヤンマは日中は不活発ですが夕方になると活発に飛翔します.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210615ゲンジボタル成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219143s.jpg|250px|thumb|right|発光するゲンジボタルの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)|link=ゲンジボタル_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210616ヘイケボタル成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219197s.jpg|250px|thumb|right|ヘイケボタルの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 16, 2021)|link=ヘイケボタル_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210618オバボタル成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220130s.jpg|250px|thumb|right|オバボタルの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2021)|link=オバボタル_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210601ムネクリイロボタル成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_215645s.jpg|250px|thumb|right|ムネクリイロボタルの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 1, 2021)|link=ムネクリイロボタル_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*[[アラカシ]]や[[アベマキ]]などのブナ科から染み出す樹液に多くのクワガタムシが集まるようになりました.[[スジクワガタ_広島大学東広島キャンパス|スジクワガタ]]と[[コクワガタ_広島大学東広島キャンパス|コクワガタ]]は同所的に見られ酷似していますが,[[スジクワガタ_広島大学東広島キャンパス|スジクワガタ]]の大型個体(オス)では大顎の内歯が二股に分かれて2本に見え,一方[[コクワガタ_広島大学東広島キャンパス|コクワガタ]]の大型個体(オス)では大顎の内歯が1本だけであることで識別できます.しかし,メスやオスの小型個体では当てはまらないため要注意です.[[ネブトクワガタ_広島大学東広島キャンパス|ネブトクワガタ]]は他の甲虫が集まらない樹種([[モミ]][[ケンポナシ]]など)に集まっていることが多いです.
|[[ファイル: 20200828マイコアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132462s.jpg|250px|thumb|right|マイコアカネの成虫(未成熟オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 28, 2020)|link=マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827アオイトトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_132111s.jpg|200px|thumb|right|[[ヒメキンミズヒキ]]にとまるアオイトトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=アオイトトンボ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200827カトリヤンマ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131716s.jpg|250px|thumb|right|カトリヤンマの成虫(オス).日中は薄暗い林内で休んでいることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)|link=カトリヤンマ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
*2020.08.24 キャンパス内で[[アブラゼミ_広島大学東広島キャンパス|アブラゼミ]]や[[ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス|ミンミンゼミ]],[[クマゼミ_広島大学東広島キャンパス|クマゼミ]],[[ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス|ツクツクボウシ]]が鳴いています.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210617スジクワガタ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219920s.jpg|250px|thumb|right|スジクワガタの成虫(オス).内歯は二股に分かれ,斧のような形状.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 17, 2021)|link=スジクワガタ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210601コクワガタ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_216222s.jpg|250px|thumb|right|コクワガタの成虫(オス).内歯は1本のみ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 1, 2021)|link=コクワガタ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210602ネブトクワガタ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_217391s.jpg|250px|thumb|right|ネブトクワガタの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 2, 2021)|link=ネブトクワガタ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
*2020.08.11 ががら山の麓の[[ススキ]]群落で[[カヤキリ_広島大学東広島キャンパス|カヤキリ]]を観察することができました.[[カヤキリ_広島大学東広島キャンパス|カヤキリ]]は日本最大の鳴く虫かつ日本最大級のキリギリスで,丈の高い[[ススキ]][[ヨシ]]が茂る草原で「ジーーーー」という大きな声で鳴きます.また,成虫になった[[オオカマキリ_広島大学東広島キャンパス|オオカマキリ]]を観察することができました.
+
*個性的な甲虫たちです.[[アカガネサルハムシ_広島大学東広島キャンパス|アカガネサルハムシ]]はヤマトタマムシのような赤と緑の金属光沢が美しいハムシで,主に[[ノブドウ]]の周囲で観察されます.[[ゴマダラオトシブミ_広島大学東広島キャンパス|ゴマダラオトシブミ]]は揺り籠(葉で巻いた産室)を切り落とさないタイプのオトシブミで,ブナ科植物(主に[[クリ]])の葉上で見られます.[[キノコゴミムシ_広島大学東広島キャンパス|キノコゴミムシ]][[アベマキ]]の樹液や硬質菌([[カワラタケ_広島大学東広島キャンパス|カワラタケ]]など)で覆われた枯れ木などに見られるゴミムシで,[[ヨツボシケシキスイ_広島大学東広島キャンパス|ヨツボシケシキスイ]][[ミヤマオビオオキノコムシ_広島大学東広島キャンパス|オオキノコムシ類]]に似た斑紋を有します.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200811カヤキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130346s.jpg|250px|thumb|right|[[ススキ]]にとまるカヤキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=カヤキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210615アカガネサルハムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218752s.jpg |250px|thumb|right|アカガネサルハムシの成虫.[[ノブドウ]]に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)|link=アカガネサルハムシ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200811カヤキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130360s.jpg|250px|thumb|right|カヤキリの成虫(オス).頭頂はやや尖るが,[[クビキリギス_広島大学東広島キャンパス|クビキリギス]]ほどではない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=カヤキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210615ゴマダラオトシブミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218890s.jpg|250px|thumb|right|ゴマダラオトシブミの成虫.主に[[クリ]]の葉を食べる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)|link=ゴマダラオトシブミ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200811オオカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130404s.jpg|250px|thumb|right|羽化したばかりのオオカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=オオカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210618キノコゴミムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220214s.jpg |250px|thumb|right|キノコゴミムシの成虫.[[ミヤマオビオオキノコムシ_広島大学東広島キャンパス|オオキノコムシ類]]に似る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2021)|link=キノコゴミムシ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
山地に生息する傾向の強い[[ハサミツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|ハサミツノカメムシ]]を観察することができました.オスの腹部の先には赤い鋏状の突起(生殖節)が見られますが,メスでは見られません.[[ヒゲナガサシガメ_広島大学東広島キャンパス|ヒゲナガサシガメ]]は幼虫で越冬するサシガメで,樹上や山際の手すりでよく見られます.[[アオバハゴロモ_広島大学東広島キャンパス|アオバハゴロモ]]は広葉樹や草本の枝や茎についている様子がよく見られ,キャンパスでの個体数も多いです.
+
*梅雨期はイラガ科の蛾をよく見かけます.多くの種で幼虫がデンキムシと呼ばれる有毒の派手なケムシですが,成虫は無毒です.[[ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス|ヒロヘリアオイラガ]][[クロシタアオイラガ_広島大学東広島キャンパス|クロシタアオイラガ]][[アオイラガ_広島大学東広島キャンパス|アオイラガ]]などのアオイラガ類は緑と褐色を基調としており,やや同定が難しいグループです.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200811ハサミツノカメムシ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130376s.jpg|250px|thumb|right|ハサミツノカメムシの成虫(メス).胸部の両端が赤い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=ハサミツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210616イラガ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219205s.jpg|250px|thumb|right|イラガの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 16, 2021)|link=イラガ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200811ヒゲナガサシガメ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130390s.jpg|250px|thumb|right|ヒゲナガサシガメの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=ヒゲナガサシガメ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210615ヒロヘリアオイラガ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218992s.jpg|250px|thumb|right|ヒロヘリアオイラガの成虫.[[アオイラガ_広島大学東広島キャンパス|アオイラガ]]に似るが,前翅外縁の褐色部は一様に色が濃い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 15, 2021)|link=ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200811アオバハゴロモ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130053s.jpg|250px|thumb|right|アオバハゴロモの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=アオバハゴロモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210618クロシタアオイラガ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220140s.jpg|250px|thumb|right|クロシタアオイラガの成虫.[[アオイラガ_広島大学東広島キャンパス|アオイラガ]]や[[ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス|ヒロヘリアオイラガ]]に比べ小型(開翅長は30 mmに満たない).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2021)|link=クロシタアオイラガ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
ファイル: 20210612ムラサキイラガ交尾_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_222903s.jpg|250px|thumb|right|交尾中のムラサキイラガ.翅と腹部が直角になるようなとまり方をする.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 12, 2021)|link=ムラサキイラガ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
東広島キャンパスで見られるコガネグモ類です.キャンパスでは[[コガネグモ_広島大学東広島キャンパス|コガネグモ]]は草地や森林が接するような環境で,[[ナガコガネグモ_広島大学東広島キャンパス|ナガコガネグモ]]はやや湿った草地で,[[ムシバミコガネグモ_広島大学東広島キャンパス|ムシバミコガネグモ]]は林縁の人工物の周辺で見られることが多いです.初夏には[[ふれあいビオトープ]]を中心に[[チュウガタコガネグモ_広島大学東広島キャンパス|チュウガタコガネグモ]]が,これからの季節は薄暗い林縁部では[[コガタコガネグモ_広島大学東広島キャンパス|コガタコガネグモ]]が観察できます.
+
*葉が茂り見つけづらくはなりましたが,早朝や夕方には夏鳥の活発な姿が見られます.[[ホトトギス]]はオスは「テッペンカケタカ!」と聞きなしされる声でよく鳴いていますが,姿を観察するのはやや難しいです.[[コサメビタキ]]は秋の渡り期まではキャンパス内で見ることができます.[[オオルリ]]は朝に[[ネズ]]の一番上にとまって囀る様子を観察することができました.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200805コガネグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128691s.jpg|250px|thumb|right|コガネグモの成体(メス).林縁部や草地などで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=コガネグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210611ホトトギスメス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_222526s.jpg |250px|thumb|right|ホトトギス(メス).「ピピピピピ!」と尻上がりに鳴く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 11, 2021)|link=ホトトギス
|[[ファイル: 20200811ナガコガネグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130251s.jpg|250px|thumb|right|ナガコガネグモの成体(メス).草地に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)|link=ナガコガネグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210611コサメビタキ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_221551s.jpg|250px|thumb|right|コサメビタキ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 11, 2021)|link=コサメビタキ
|[[ファイル: 20200805ムシバミコガネグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128903s.jpg|250px|thumb|right|ムシバミコガネグモの成体(メス).林縁部に見られた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=ムシバミコガネグモ_広島大学東広島キャンパス]] 
+
ファイル: 20210618オオルリオス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220344s.jpg|250px|thumb|right|囀るオオルリ(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2021)|link=オオルリ
|}
+
</gallery>
  
*2020.07.30-08.07 東広島キャンパスで[[マメイタイセキグモ_広島大学東広島キャンパス|マメイタイセキグモ]][[カトウツケオグモ_広島大学東広島キャンパス|カトウツケオグモ]]を観察することができました.両種とも全国的に記録の少ない種です.[[マメイタイセキグモ_広島大学東広島キャンパス|マメイタイセキグモ]]はいわゆるナゲナワグモであり,湿度の高い夜間にススキ原などで粘球を振り回し,小型の蛾を誘因して捕らえます.[[カトウツケオグモ_広島大学東広島キャンパス|カトウツケオグモ]]も,何らかの手段でハエを誘引しているのではないかという説がありますが,詳しいことは分かっていません.
+
*初夏の間にしか鳴き声を聞くことができないバッタ類の紹介をします.[[ナキイナゴ_広島大学東広島キャンパス|ナキイナゴ]]は[[ススキ]]などが茂る丘陵の草地に多く,オスは日中脚と翅をこすり合わせて「ジキジキジキ...」と鳴きます.[[キンヒバリ_広島大学東広島キャンパス|キンヒバリ]][[生態実験園]][[ふれあいビオトープ]]の湿地に多く,主に夜間「リッリッリッリーー」と高い声で鳴きます.[[コガタコオロギ_広島大学東広島キャンパス|コガタコオロギ]]は空き地や荒地の物陰で「ビー!!」と鳴き,意識すると夜の広大通りやブールバールでよく鳴いているのがわかります.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200807マメイタイセキグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129861s.jpg|250px|thumb|right|マメイタイセキグモの成体(メス).粘球がついた糸を振り回し,小型の蛾に付着させて捕らえる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=マメイタイセキグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210617ナキイナゴ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219731s.jpg |250px|thumb|right|ナキイナゴの成虫(オス).メスより黄色く,翅が長い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 17, 2021)|link=ナキイナゴ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200804マメイタイセキグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128352s.jpg|250px|thumb|right|蛾を捕らえたマメイタイセキグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 4, 2020)|link=マメイタイセキグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210615キンヒバリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219067s.jpg|250px|thumb|right|葉の裏から身を乗り出して鳴くキンヒバリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2021)|link=キンヒバリ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200731カトウツケオグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_127884s.jpg|250px|thumb|right|カトウツケオグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 31, 2020)|link=カトウツケオグモ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210618コガタコオロギ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影IMG_220049s.jpg |250px|thumb|right|求愛するコガタコオロギ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2021)|link=コガタコオロギ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
東広島キャンパスでは[[アキノタムラソウ]]が咲いており,チョウやハチの仲間が訪花します.今回は[[ナミルリモンハナバチ_広島大学東広島キャンパス|ナミルリモンハナバチ]]とその寄生対象とされる[[スジボソコシブトハナバチ_広島大学東広島キャンパス|スジボソコシブトハナバチ]],さらに[[シロスジコシブトハナバチ_広島大学東広島キャンパス|シロスジコシブトハナバチ]]を観察することができました.
+
*ハエの仲間です.[[シオヤアブ_広島大学東広島キャンパス|シオヤアブ]]は飛翔する昆虫を奇襲するムシヒキアブの一種で,[[エサキモンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|エサキモンキツノカメムシ]]を捕食していました.[[ハチモドキハナアブ_広島大学東広島キャンパス|ハチモドキハナアブ]]はドロバチやトックリバチにベイツ型擬態しているハナアブで,[[アベマキ]]の樹液に集まります.[[イシハラクロチョウバエ_広島大学東広島キャンパス|イシハラクロチョウバエ]]は林縁部で見られるチョウバエで,葉の上でクルクルとせわしなく動き回ります.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200806ナミルリモンハナバチ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129581s2.jpg|250px|thumb|right|[[アキノタムラソウ]]に訪花するナミルリモンハナバチの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 6, 2020)|link=ナミルリモンハナバチ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210617シオヤアブ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219687s.jpg|250px|thumb|right|シオヤアブの成虫(オス).[[エサキモンキツノカメムシ_広島大学東広島キャンパス|エサキモンキツノカメムシ]]を捕食している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 17, 2021)|link=シオヤアブ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200805シロスジコシブトハナバチ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128921s.jpg|250px|thumb|right|[[アキノタムラソウ]]に訪花するシロスジコシブトハナバチの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=シロスジコシブトハナバチ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210611ハチモドキハナアブ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_222180s.jpg|250px|thumb|right|ハチモドキハナアブの成虫.樹液に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 11, 2021)|link=ハチモドキハナアブ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200805スジボソコシブトハナバチ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129113s.jpg|250px|thumb|right|[[アキノタムラソウ]]から吸蜜するスジボソコシブトハナバチの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=スジボソコシブトハナバチ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210617イシハラクロチョウバエ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219976s.jpg |250px|thumb|right|イシハラクロチョウバエの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 17, 2021)|link=イシハラクロチョウバエ_広島大学東広島キャンパス
|}
+
</gallery>
  
 +
*6月の上旬~中旬にかけては,[[アカシジミ_広島大学東広島キャンパス|アカシジミ]]や[[ウラナミアカシジミ_広島大学東広島キャンパス|ウラナミアカシジミ]]など樹上性のシジミチョウであるゼフィルスを観察することができました.夕方になると活性が高まり,[[コナラ]]や[[アベマキ]]の周囲を飛翔する姿が見られます.[[ゴイシシジミ_広島大学東広島キャンパス|ゴイシシジミ]]は成虫がササ類につくアブラムシ(ササコナフキツノアブラムシ)の分泌液を吸うため,ササの茂る環境で観察されます.
  
角脇調整池の岸辺では[[ツチガエル_広島大学東広島キャンパス|ツチガエル]]のオスが鳴いています.「ギュー、ギュー」という低く濁った音が特徴です.([[ツチガエル|広島県のツチガエル]]のページもご覧ください.)また,カエルやミミズを狙ってか50cmを超える[[ヒバカリ]]の成蛇も現れました.学内の山の林床では空色が美しいキノコの[[ソライロタケ_広島大学東広島キャンパス|ソライロタケ]]を観察することができました.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210611アカシジミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_221909s.jpg |250px|thumb|right|アカシジミの成虫.午前中は不活発.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 11, 2021)|link=アカシジミ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210609ウラナミアカシジミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220485s2.jpg|250px|thumb|right|ウラナミアカシジミの成虫.萌芽更新が盛んな[[コナラ]][[アベマキ]]の周囲に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=ウラナミアカシジミ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210609ゴイシシジミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220062s.jpg |250px|thumb|right|ゴイシシジミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=ゴイシシジミ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*2021.06.5-06.12 キャンパス内で見られるコマチグモ科3種の紹介です.[[カバキコマチグモ_広島大学東広島キャンパス|カバキコマチグモ]]は在来種のクモの中でも強い毒をもつとされ,不用意に掴むと咬まれる恐れがあるので,観察の際には要注意です.本種は[[ススキ]]が繁茂する草地で見られることが多いですが,後2種は樹上性です.[[アシナガコマチグモ_広島大学東広島キャンパス|アシナガコマチグモ]]は雌雄ともに足が長く,夜になると樹上を活発に動きます.[[ヤサコマチグモ_広島大学東広島キャンパス|ヤサコマチグモ]]は前2種に比べると小型のコマチグモで,メスでは脚が短いです.本種も夜に樹上を徘徊しています.
|[[ファイル: 20200731ソライロタケ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_127786s.jpg|250px|thumb|right|ソライロタケ.林床で見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 31, 2020)|link=ソライロタケ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200804ツチガエル成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128642s.jpg|250px|thumb|right|鳴くツチガエルの成体(オス).「ギュー、ギュー」という音を発する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 4, 2020)|link=ツチガエル_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200807ヒバカリ成蛇_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129824s.jpg|250px|thumb|right|ヒバカリの成蛇.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=ヒバカリ]]
 
|}
 
  
東広島キャンパスのため池には[[ギンヤンマ_広島大学東広島キャンパス|ギンヤンマ]]や[[ショウジョウトンボ_広島大学東広島キャンパス|ショウジョウトンボ]]など,多様なトンボが見られます.ここでは3種取り上げたいと思います.[[チョウトンボ_広島大学東広島キャンパス|チョウトンボ]]は青い光沢感のある翅が特徴的で,[[ヒシ]]や[[ガマ]]などの水生植物が豊富な富栄養池に見られます.富栄養池を好むトンボには[[ウチワヤンマ_広島大学東広島キャンパス|ウチワヤンマ]]や[[タイワンウチワヤンマ_広島大学東広島キャンパス|タイワンウチワヤンマ]]がいます.[[タイワンウチワヤンマ_広島大学東広島キャンパス|タイワンウチワヤンマ]]は元々九州などに分布していましたが,温暖化の影響で北上しているとされています.両種とも腹部先端のうちわ(団扇)が特徴です.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210609カバキコマチグモ幼体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219899s.jpg|250px|thumb|right|カバキコマチグモの幼体.幼体は体色が青い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=カバキコマチグモ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210606アシナガコマチグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219079s.jpg|250px|thumb|right|アシナガコマチグモの成体(メス).上顎が発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 6, 2021)|link=アシナガコマチグモ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210609ヤサコマチグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_229970s.jpg|250px|thumb|right|ヤサコマチグモの成体(メス).[[アシナガコマチグモ_広島大学東広島キャンパス|アシナガコマチグモ]]に比べて小型で脚が短い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=ヤサコマチグモ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
+
*田植えが終わった[[生態実験園]]の水田では、[[ケラ_広島大学東広島キャンパス|ケラ]]が泳ぐ姿を観察することができました.基本地中に生息している本種ですが,水面を滑るように泳ぐこともできます.[[ケラ_広島大学東広島キャンパス|ケラ]]の多い湿地には[[ミイデラゴミムシ_広島大学東広島キャンパス|ミイデラゴミムシ]]も多く見られます.つままれたりすると,腹部の先端から高温のガスを噴射しますがその音が「プーッ!!」とおならのような音であることから「へっぴり虫」と呼ばれてきました.
|[[ファイル: 20200806チョウトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129241s.jpg|250px|thumb|right|チョウトンボの成虫(オス).西条では大変個体数が多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 6, 2020)|link=チョウトンボ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200806ウチワヤンマ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129438s.jpg|250px|thumb|right|ウチワヤンマの成虫.団扇の中に黄斑がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 6, 2020)|link=ウチワヤンマ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200806タイワンウチワヤンマ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129261s.jpg|250px|thumb|right|タイワンウチワヤンマの成虫.団扇の中に斑紋はないため,全体が黒い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 6, 2020)|link=タイワンウチワヤンマ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
晩夏に野外観察をする上で気を付けたいのはイラガ(幼虫)の存在です.イラガの仲間は[[カキノキ]]や[[クリ]]など広葉樹の葉を食べ,多くの種が派手な色彩とトゲだらけの見た目をしていますが,葉裏にいることが多く中々存在に気づくことが難しいです.刺されると電気が走るような痛みを伴うことから「デンキムシ」の俗称があります.ここでは[[イラガ_広島大学東広島キャンパス|イラガ]],[[アオイラガ_広島大学東広島キャンパス|アオイラガ]]、[[アカイラガ_広島大学東広島キャンパス|アカイラガ]],[[ヒメクロイラガ_広島大学東広島キャンパス|ヒメクロイラガ]],[[ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス|ヒロヘリアオイラガ]],[[テングイラガ_広島大学東広島キャンパス|テングイラガ]]の6種を紹介します.
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210605ケラ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218588s.jpg|200px|thumb|right|田んぼで泳ぐケラの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 5, 2021)|link=ケラ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210605ミイデラゴミムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218639s.jpg|200px|thumb|right|ミイデラゴミムシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 5, 2021)|link=ミイデラゴミムシ_広島大学東広島キャンパス
 +
ファイル: 20210609ミイデラゴミムシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219900s.jpg|200px|thumb|right|ミイデラゴミムシの成虫.死んだミミズを食べている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=ミイデラゴミムシ_広島大学東広島キャンパス
 +
</gallery>
  
{|
 
|[[ファイル: 20200807イラガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129716s.jpg|250px|thumb|right|イラガの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=イラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200807アオイラガ幼虫東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129710s.jpg|250px|thumb|right|アオイラガの幼虫.[[ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス|ヒロヘリアオイラガ]]の幼虫に似るが,背面中央の青帯は一様に色がついている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=アオイラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200807アカイラガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129683s.jpg|250px|thumb|right|アカイラガの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=アカイラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|-
 
|[[ファイル: 20200807ヒメクロイラガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129671s.jpg|250px|thumb|right|[[カキノキ]]を食べるヒメクロイラガの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=ヒメクロイラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200805ヒロヘリアオイラガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128664s.jpg|250px|thumb|right|ヒロヘリアオイラガの幼虫.背面中央の青帯は斑状になっている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=ヒロヘリアオイラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200807テングイラガ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129675s.jpg|250px|thumb|right|テングイラガの幼虫.10mmほどの大きさ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=テングイラガ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
東広島キャンパスの朝から夕方にかけてはセミや[[キリギリス_広島大学東広島キャンパス|キリギリス(ニシキリギリス)]]が鳴いています.キャンパスで夏に確認できるセミとしては,[[アブラゼミ_広島大学東広島キャンパス|アブラゼミ]][[クマゼミ_広島大学東広島キャンパス|クマゼミ]],[[ニイニイゼミ_広島大学東広島キャンパス|ニイニイゼミ]],[[ミンミンゼミ_広島大学東広島キャンパス|ミンミンゼミ]][[ツクツクボウシ_広島大学東広島キャンパス|ツクツクボウシ]][[ヒグラシ_広島大学東広島キャンパス|ヒグラシ]]の6種です.日が暮れると,秋の鳴く虫が鳴いています.この時期に多いのは[[ハヤシノウマオイ_広島大学東広島キャンパス|ハヤシノウマオイ]]で,「スィーッチョン」と鳴きます.バッタの仲間も見られます.
+
*梅雨時期に見られる蛾を紹介します.[[シンジュサン_広島大学東広島キャンパス|シンジュサン]]はヤママユ科の大型種で,夜に外灯の周りをゆったりと飛翔する姿が見られます.翅には4つの三日月状斑があるのが特徴です.[[アケビコノハ_広島大学東広島キャンパス|アケビコノハ]]は年に数回成虫が出現します.この時期は[[ビロードイチゴ]]などのキイチゴ類の汁を吸うようです.[[ゴマケンモン_広島大学東広島キャンパス|ゴマケンモン]]は地衣類のような模様が特徴で,[[ケンモンミドリキリガ_広島大学東広島キャンパス|ケンモンミドリキリガ]]に似ていますが,本種は梅雨時期にのみ現れ,[[ケンモンミドリキリガ_広島大学東広島キャンパス|ケンモンミドリキリガ]]は晩秋にのみ現れます.
  
{|
+
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
|[[ファイル: 20200731ニイニイゼミ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_127631s.jpg|250px|thumb|right|ニイニイゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 31, 2020)|link=ニイニイゼミ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210604シンジュサン成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_217982s.jpg|200px|thumb|right|シンジュサンの成虫(メス).メスは翅の形が丸みを帯びる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 4, 2021)|link=シンジュサン_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200730ヒグラシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_131863s.jpg|200px|thumb|right|ヒグラシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 30, 2020)|link=ヒグラシ_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210606アケビコノハ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_219210s.jpg|200px|thumb|right|[[ビロードイチゴ]]の汁を吸うアケビコノハの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 6, 2021)|link=アケビコノハ_広島大学東広島キャンパス
|[[ファイル: 20200731ニシキリギリス成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_127600s.jpg|250px|thumb|right|ニシキリギリスの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 31, 2020)|link=キリギリス_広島大学東広島キャンパス]]
+
ファイル: 20210609ゴマケンモン成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_220543s.jpg|200px|thumb|right|ゴマケンモンの成虫.地衣類のような模様をしている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)|link=ゴマケンモン_広島大学東広島キャンパス
|-
+
</gallery>
|[[ファイル: 20200805ハヤシノウマオイ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129177s.jpg|250px|thumb|right|ハヤシノウマオイの成虫(オス).「スィーッチョン」とゆっくりとしたテンポで鳴く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 5, 2020)|link=ハヤシノウマオイ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200807タンボコオロギ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129750s.jpg|250px|thumb|right|タンボコオロギの成虫(オス).初夏に多いコオロギで休耕田などの湿った場所で見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 7, 2020)|link=タンボコオロギ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|[[ファイル: 20200806ツマグロバッタ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129411s.jpg|200px|thumb|right|ツマグロバッタの成虫(オス).翅の先や後脚の関節部が黒い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 6, 2020)|link=ツマグロバッタ_広島大学東広島キャンパス]]
 
|}
 
  
 
==[[テンプレート:東広島キャンパスの生き物|過去のニュース]]==
 
==[[テンプレート:東広島キャンパスの生き物|過去のニュース]]==
269行目: 376行目:
  
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[東広島キャンパスの生き物]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[東広島キャンパスの生き物]]
  
 
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物]]

2021年11月22日 (月) 23:12時点における最新版

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの生き物

キャンパスで現在見られる動物の情報です.名前や写真をクリックすると解説ページに移動します.

2021

11月

トピックス

  • 東広島キャンパスの上空に2羽のコウノトリが飛来しました.コウノトリは国の特別天然記念物に指定されている大型の鳥類で,国内では一度野生化で絶滅したのちに現在は野生復帰の取り組みがなされています.東広島市にはここ数年間に毎年のように渡来しており,ため池や田んぼなどの周辺で観察されることがあります.

10月

  • 2021.10.26-28 秋が深まり,成熟した赤とんぼの仲間が目に付くようになりました.目にする機会が多いのは,マユタテアカネです.個体数は少ないものの,類似種のヒメアカネマイコアカネも生息するのでオスの識別ポイントを解説いたします.(大きさは マユタテ>マイコ=ヒメ)
  • アキアカネは最もよく名前を知られているトンボの一種ですが,近年は地域によってはまとまった数を見ることができなくなりました.類似種にナツアカネが存在し,成熟したオスは色の違いにより容易に識別可能です.
  • 2021.10.24-31 雨が降ると活発になる生き物のひとつが陸生貝類(カタツムリやナメクジのなかま)です.久しぶりの雨でセトウチマイマイヤマナメクジが這っていました.セトウチマイマイは樹上性で建物の壁や樹木の上で見られ,基本的に軟体部背面に濃色の条線が入るのが特徴です.殻に入る模様や色は個体間の変異が大きく,見ていて飽きさせない魅力があります.ヤマナメクジはきのこが大好物の大型のナメクジで,道を這っていてその大きさに仰天したことのある方も多いのではないでしょうか.また,大型のマイマイ属の一種はキャンパス内での生息域が限られており,見ることができたらちょっとラッキーです.彼らの生息環境の周りでは,大型のオサムシでありカタツムリのなかまの天敵マイマイカブリに食べられたであろう死骸の殻が転がっていることもあります.
  • 2021.10.01-08 秋が深まる中姿を見せた2種の大型鱗翅類(チョウのなかま)を紹介します.昼間に花を訪れていたのはアサギマダラというチョウで,ゆったりとした動きで舞うように飛びます.渡り鳥のように長距離を移動することで知られ,これからの季節東広島キャンパスの周辺にも多くの個体が飛来します.夜間に街灯にくっついていたのはクスサンという大型のガで,東広島キャンパスの周辺では10月の終わりごろまで発生します.後翅に目のような模様(眼状紋という)があり,鳥などの天敵に襲われた際にはねを開いて模様を見せつけ,威嚇します.姿を見せる時間帯も外見も全く異なる2種ですが,ぜひ探してみてください.
  • ビオトープに現れたニホンマムシです.本来夜行性のヘビですが,秋には昼間に見かけることも多くなります.毒ヘビに咬まれるケースはほとんどが気づかずに踏んだり触ったりする場合なので,水辺の近くや茂みを歩くときは足元に注意してください.人の存在に気づくとあちらから逃げていくことが多いので,見つけてもむやみに近づいたり刺激したりしないようにしましょう.東広島キャンパスにはニホンマムシをはじめ人に危害を及ぼすこともある生き物も数多く生息していますが,彼らのことを正しく知り,適切な距離感で観察できるようになると,危険な生き物というだけではない,生態系の一部としての彼らの素顔が見えてくるはずです.
  • こちらは生態実験園に現れたシマヘビです.ニホンアカガエルなどを狙って水辺にいることが多いですが,ニホンマムシと異なり毒牙を持っていません.東広島キャンパスには7種のヘビがいますが,シマヘビニホンマムシと並んで見かける機会が多いヘビです.まれに体のほとんどが黒く染まる黒化型が出現することがあり,そちらは一般にカラスヘビと呼ばれています.

9月

  • 2021.09.16 キャンパス内でスズムシエンマコオロギマツムシが鳴いています.これらは有名な鳴く虫であり,それぞれ鳴き声が印象的です.スズムシは「リーン…リーン…」,エンマコオロギは「コロコロリー…」,マツムシは「チンチロリン」と聞こえる声で鳴きます.いずれも夜にキャンパス内を歩いているとよく聞こえますが,姿を見つけるのはやや難しいです.
  • 森の中では色鮮やかなキノコが見られることがあります.ソライロタケは美しい青色のキノコで,広島県では準絶滅危惧種に選定されています.竹林や広葉樹林などの林床に見られます.アカイボカサタケも同様の環境に見られ,ソライロタケとは対照的な色をしています.モミジタケも林床で見られ,珊瑚のような形が特徴的です.
  • 西条も秋めいて参りましたが,以下3種のセミはまだ鳴き声を聞くことができます.

トピックス

  • 東広島キャンパスで再びムネアカハラビロカマキリが発見されました.キャンパスでは2019年に初めて確認されました.在来のハラビロカマキリに比べ大型で,名前通り胸部が全体的に赤いのが特徴です.本種は中国原産の外来種で,在来種を駆逐することが懸念されています.個別ページに詳細な識別方法が掲載されていますので,キャンパス内で発見された場合は情報提供をお願いします.

8月

  • 2021,08.01-23 夜のキャンパス内では鳴く虫が発生しています.ウマオイ類は林縁部や草地に見られる肉食性のキリギリスで,キャンパスではハヤシノウマオイハタケノウマオイが混生しています.ハヤシノは「スィーーー・チョン」とゆっくりとしたテンポで鳴き,ハタケノは「シ・チョン!シ・チョン!」と早いテンポで鳴くことで識別できます(形態による識別は困難).丈の高いススキが茂る草地では,カヤキリが見られます.日本最大級のキリギリスで,「ジャーーーーー」と非常に大きい声で鳴きます.
  • ヤママユが発生しています.本州で見られる蛾では最大級で,オスは翅が細く,メスは翅が丸いです.ゴマフボクトウも発生しており,細長い形と青い斑紋が特徴です.
  • 2021.08.23 キャンパス内でチッチゼミが鳴いています.キャンパスで最も遅い時期に鳴くセミです.
  • 2021.08.20 キャンパス内でツクツクボウシが鳴いています.
  • 2021.08.04 キャンパス内でクマゼミが鳴き始めました.
  • 2021.08.03 キャンパス内でミンミンゼミが鳴き始めました.

トピックス

  • 6月28日に,東広島キャンパスにおいてアライグマが発見されました.5頭の幼獣が固まって見つかったことから構内で繁殖をしている可能性が高いです.アライグマは特定外来生物に指定されており,農業や生態系に大きな影響を与えています.特に学内では,ニホンアカガエルニホンイシガメなど在来の両生類や爬虫類に対する捕食圧が懸念されます.ホンドタヌキニホンアナグマに似ますが,目の周りの黒い模様が左右繋がって見えること,尾が縞々模様であることなどが特徴です.

7月

  • 2021.07.08-07.30 7月上旬~中旬は,ニイニイゼミの声がよく聞こえました.「チィー…」と長く鳴き続けます.日没からは,セミたちの羽化の様子を観察することができました.ヒグラシは薄暗い森林内の低木で,クマゼミは公園や道路脇の植栽樹木などで羽化をしていることが多いです.
  • 夜の林縁部ではウスバカゲロウがよく飛んでいます.翅には目立った模様はなく,ゆらゆらと飛翔します.砂地にすり鉢状の巣を作るアリジゴクとはこのウスバカゲロウの幼虫のことです.アリジゴクは巣に落ちた虫などを大アゴで捕らえ,体液を吸い取ります.
  • 7月中旬まではあまり見られなかったミヤマクワガタですが,下旬になるにつれて樹液を吸う姿を観察できるようになりました.カブトムシは7月を通して個体数が多く,オス同士で激しく争う様子も見られました.ベニスズメなどのスズメガ類も夜に樹液を吸っていました.
  • 昼の樹液にはカナブン類が多く見られます.東広島キャンパスでは主にカナブンアオカナブンの2種がよく見られます.まれにオオムラサキが樹液に集まる姿も観察することができます.薄暗い林内では,昼間でもオニベニシタバが樹液を吸いに現れます.
  • 枝の切れ端に擬態しているツマキシャチホコ類です.クロツマキシャチホコはキャンパスで最も個体数の多いツマキシャチホコ類で,翅頂の黄白色紋の前縁が茶褐色に色づいています.一方のムクツマキシャチホコは,キャンパス内での個体数は少なく,翅頂の黄白色紋の前縁は黒色に縁取られます.また,翅の中央付近の白斑が目立ちます.これら2種に加え,日本にはツマキシャチホコとタカサゴツマキシャチホコの計4種のツマキシャチホコ類が分布しています.モンクロシャチホコはこれらにあまり似ていませんが,同じ属に分類されます.
  • キリギリスの仲間です.日当たりの良い草地ではニシキリギリスが鳴いています.「チョン・ギース!」と断続的に鳴きます.湿った丈の低い草地ではヒメギスが見られます.全体的に黒褐色をしており,弱く短い音で「シリリリリ…」と鳴きます.夜間の樹上や薮ではヤブキリが鳴きます.ヒメギスよりも強い音で「シリリリリ…」と鳴きます.
  • 2021.06.22-07.07 6月下旬から7月にかけても,雨が降る日が続きました.小雨が降る生態実験園ではオタマジャクシから変態したばかりのニホンアカガエルシュレーゲルアオガエルの幼体が数多く見られます.林縁の葉上では陸生プラナリアであるゲオプラナ亜科の一種も観察することができました.コウガイビル同様多くの眼点(視覚器官)をもち,小動物を捕らえて捕食します.
  • アラカシの樹液ではノコギリクワガタが見られました.大型のクワガタムシで雌雄ともに赤みを帯びます.オスは大きさによって大アゴの形が異なり,大型個体では湾曲し小型個体では真っ直ぐになります.樹液にはスズメバチの仲間も飛来するので観察の際には要注意です.他のスズメバチは深夜には樹液に集まらないことが多いですが,オオスズメバチの女王やモンスズメバチは夜明けまで滞在していることがあり,懐中電灯目掛けて飛んでくることもあります.その際には慌てずライトを消して対処しましょう.
  • 樹液に集まるヤガ科には,Catocala(カトカラ)というグループが存在します.後翅に鮮やかな斑紋をもつ蛾が多く,初夏~晩夏にかけて観察することができます.ここでは,カトカラの中で○○キシタバという名を冠する種を掲載します.(おおよその出現時期順に並べています.)
  • ガマヨシなど,抽水植物の多いため池ではアオヤンマが生息します.全身が鮮やかな緑色をしており,抽水植物の間を縫うように飛びます.また,同様に水草の豊富なため池にはチョウトンボも見られます.蝶のようにひらひらと舞うように飛び,東広島キャンパスでは数も多く目にする機会が多いトンボです.湿地では日本最小のトンボであるハッチョウトンボが見られます.
  • 東広島キャンパスで見られる大型のコガネムシには,コフキコガネオオコフキコガネがいます.両種ともに体表が細毛で覆われているのが特徴ですが,名が指すほど体長に差がなく,やや識別に難儀します.しかし,コフキでは毛の色が黄褐色なのに対し,オオコフキでは毛の色が灰白色といった特徴があります(これらの毛は脱落している場合もあるので注意).ヒメコガネは変異の大きいコガネムシで,赤・緑・青と様々な色の個体を見つけることができます.ドウガネブイブイアオドウガネもよく見られるコガネムシです.

6月

  • 2021.06.13-18 東広島キャンパスではゲンジボタルが舞っています.主に小川や渓流を生息地とし,日本産ホタルの中でも大型種で光もよく目立ちます.かつてはキャンパス内の湿地でヘイケボタルも多く見られましたが,アメリカザリガニの侵入などとともに激減し,現在では数年に一度目撃されるのみになってしまいました.これらの2種に加え,キャンパス内ではオオマドボタルオバボタルムネクリイロボタルの計5種が確認されています.後3種は昼行性で,強く発光することはありません.ここではオオマドボタルを除いた4種の写真を掲載します.
  • アラカシアベマキなどのブナ科から染み出す樹液に多くのクワガタムシが集まるようになりました.スジクワガタコクワガタは同所的に見られ酷似していますが,スジクワガタの大型個体(オス)では大顎の内歯が二股に分かれて2本に見え,一方コクワガタの大型個体(オス)では大顎の内歯が1本だけであることで識別できます.しかし,メスやオスの小型個体では当てはまらないため要注意です.ネブトクワガタは他の甲虫が集まらない樹種(モミケンポナシなど)に集まっていることが多いです.
  • 梅雨期はイラガ科の蛾をよく見かけます.多くの種で幼虫がデンキムシと呼ばれる有毒の派手なケムシですが,成虫は無毒です.ヒロヘリアオイラガクロシタアオイラガアオイラガなどのアオイラガ類は緑と褐色を基調としており,やや同定が難しいグループです.
  • 葉が茂り見つけづらくはなりましたが,早朝や夕方には夏鳥の活発な姿が見られます.ホトトギスはオスは「テッペンカケタカ!」と聞きなしされる声でよく鳴いていますが,姿を観察するのはやや難しいです.コサメビタキは秋の渡り期まではキャンパス内で見ることができます.オオルリは朝にネズの一番上にとまって囀る様子を観察することができました.
  • 初夏の間にしか鳴き声を聞くことができないバッタ類の紹介をします.ナキイナゴススキなどが茂る丘陵の草地に多く,オスは日中脚と翅をこすり合わせて「ジキジキジキ...」と鳴きます.キンヒバリ生態実験園ふれあいビオトープの湿地に多く,主に夜間「リッリッリッリーー」と高い声で鳴きます.コガタコオロギは空き地や荒地の物陰で「ビー!!」と鳴き,意識すると夜の広大通りやブールバールでよく鳴いているのがわかります.
  • 6月の上旬~中旬にかけては,アカシジミウラナミアカシジミなど樹上性のシジミチョウであるゼフィルスを観察することができました.夕方になると活性が高まり,コナラアベマキの周囲を飛翔する姿が見られます.ゴイシシジミは成虫がササ類につくアブラムシ(ササコナフキツノアブラムシ)の分泌液を吸うため,ササの茂る環境で観察されます.
  • 2021.06.5-06.12 キャンパス内で見られるコマチグモ科3種の紹介です.カバキコマチグモは在来種のクモの中でも強い毒をもつとされ,不用意に掴むと咬まれる恐れがあるので,観察の際には要注意です.本種はススキが繁茂する草地で見られることが多いですが,後2種は樹上性です.アシナガコマチグモは雌雄ともに足が長く,夜になると樹上を活発に動きます.ヤサコマチグモは前2種に比べると小型のコマチグモで,メスでは脚が短いです.本種も夜に樹上を徘徊しています.
  • 田植えが終わった生態実験園の水田では、ケラが泳ぐ姿を観察することができました.基本地中に生息している本種ですが,水面を滑るように泳ぐこともできます.ケラの多い湿地にはミイデラゴミムシも多く見られます.つままれたりすると,腹部の先端から高温のガスを噴射しますがその音が「プーッ!!」とおならのような音であることから「へっぴり虫」と呼ばれてきました.


過去のニュース

過去のニュースはこちら.

関連ページ


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > 東広島キャンパスの生き物