「ワキグロサツマノミダマシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
2行目: 2行目:
  
 
[[ファイル: 20191002ワキグロサツマノミダマシ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80089s.jpg|200px|thumb|right|ワキグロサツマノミダマシの成体(メス).サツマノミダマシに似るが,腹部腹面が黒褐色であることが識別点.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 2, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191002ワキグロサツマノミダマシ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80089s.jpg|200px|thumb|right|ワキグロサツマノミダマシの成体(メス).サツマノミダマシに似るが,腹部腹面が黒褐色であることが識別点.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 2, 2019)]]
 +
[[ファイル: 20201015ワキグロサツマノミダマシ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_159604s.jpg|200px|thumb|right|[[クロマダラソテツシジミ_広島大学東広島キャンパス|クロマダラソテツシジミ]]を捕らえたワキグロサツマノミダマシの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 15, 2020)]]
  
 
=ワキグロサツマノミダマシ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=ワキグロサツマノミダマシ(広島大学東広島キャンパス)=

2020年12月2日 (水) 21:09時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ワキグロサツマノミダマシ

ワキグロサツマノミダマシの成体(メス).サツマノミダマシに似るが,腹部腹面が黒褐色であることが識別点.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 2, 2019)
クロマダラソテツシジミを捕らえたワキグロサツマノミダマシの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 15, 2020)

ワキグロサツマノミダマシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ワキグロサツマノミダマシ

学名

  • Neoscona mellotteei

分類

  • コガネグモ科 Araneidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 腹部背面が鮮やかな緑色のクモ.
  • 林道や樹林地でよく見られる.
  • サツマノミダマシに似るが,本種は腹部背面のみ緑色であることで識別可能.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ワキグロサツマノミダマシ