リンゴカミキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年7月10日 (水) 23:13時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > リンゴカミキリ

リンゴカミキリの成虫.サクラなどの葉脈を齧る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2019)

目次

リンゴカミキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Oberea japonica

分類

  • カミキリムシ科 Cerambycidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 橙黄色と黒の2色が目立つカミキリムシ.
  • 成虫はソメイヨシノやナシなどのバラ科植物の葉脈を齧って食べる.
  • ニセリンゴカミキリに似るが,鞘翅側縁の黒色条は肩に達しない.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > リンゴカミキリ