ユリノキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年5月21日 (木) 15:11時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ユリノキ

ユリノキの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 24, 2019)

ユリノキ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • ユリノキ

別名

  • ハンテンボク
  • チューリップノキ
  • レンゲボク

学名

  • Liriodendron tulipifera L.

分類

  • モクレン科 Magnoliaceae

分布

  • 北アメリカ中部原産

東広島キャンパスの花期

  • 5月

特徴

  • モクレン科の落葉高木.
  • 葉の形が半纏(はんてん)の形をしていることからハンテンボクと呼ばれたり,花の形がチューリップに似ていることからチューリップノキ(チューリップツリー)と呼ばれたりする.
  • 街路樹としてよく利用され,東広島キャンパス内でも多く植栽されている.
  • しばしば逸出するため適切な管理が必要.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ユリノキ