ヤマトシリアゲ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤマトシリアゲ

餌の近くでメスを待つヤマトシリアゲ(成虫オス).この後メスが飛来し,繁殖行動に移る様子が確認できた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun.13, 2018)
ヤマトシリアゲの交尾.オス(左)は,メス(右)が餌を食べているのを見計らって交尾行動に移る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 23, 2019)
ヤマトシリアゲ(成虫メス).尾の先端はハサミ状ではない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May16, 2018)
ガの死骸を食べようとするヤマトシリアゲ秋型のオス.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 28, 2018)

目次

ヤマトシリアゲ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Panorpa japonica

分類

  • シリアゲムシ科 Panorpidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 成虫の口吻は細長く,突き出ている.
  • オスの腹部の先端はハサミがあるが,メスにはない.
  • オスは餌の近くでフェロモンを放ってメスを呼び寄せ,メスが餌を食べている間に交尾を狙うという習性をもつ.
  • 晩夏に発生する本種は少し小柄で,また体が赤褐色をしておりベッコウシリアゲという異名をもつ.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤマトシリアゲ