「ヤマトゴキブリ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 +
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ヤマトゴキブリ_広島大学東広島キャンパス|ヤマトゴキブリ]]</span>
 +
 
[[ファイル: 20200619ヤマトゴキブリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129267s.jpg|200px|thumb|right|ヤマトゴキブリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 19, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200619ヤマトゴキブリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129267s.jpg|200px|thumb|right|ヤマトゴキブリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 19, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200709ヤマトゴキブリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129352s.jpg|200px|thumb|right|ヤマトゴキブリの成虫(メス).メスは翅が短い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 9, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200709ヤマトゴキブリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_129352s.jpg|200px|thumb|right|ヤマトゴキブリの成虫(メス).メスは翅が短い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 9, 2020)]]
 +
 +
=ヤマトゴキブリ(広島大学東広島キャンパス)=
 +
==和名==
 +
*ヤマトゴキブリ
 +
 +
==学名==
 +
*''Periplaneta japonica''
 +
 +
==分類==
 +
*ゴキブリ科 Blattidae
 +
 +
==分布==
 +
*従来本州のみであったが,現在では北海道や九州でも発見されている.
 +
 +
==解説==
 +
*屋内や森林で見られる.
 +
*オスは翅が長く飛翔することができるが,メスでは翅が腹部の中央あたりまでしかなく飛べない.
 +
*[[クロゴキブリ_広島大学東広島キャンパス|クロゴキブリ]]に似るが,本種の方が小さく体型が細長い.
 +
*東広島キャンパスでは森林で見かけることが多く,ががら山の[[アラカシ]]や[[アベマキ]]の樹液などで見られる.
 +
 +
==備考==
 +
*[[東広島キャンパスの動物]]
 +
 +
== 参考文献 ==
 +
 +
----
 +
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ヤマトゴキブリ_広島大学東広島キャンパス|ヤマトゴキブリ]]</span>
 +
 +
[[Category:動物]]
 +
[[Category:広島大学の自然]]
 +
[[Category:広島大学]]
 +
[[Category:東広島植物園]]
 +
[[Category:P]]
 +
[[Category:ヤ]]
 +
[[Category:虫]]
 +
[[Category:昆虫]]
 +
[[Category:ゴキブリ目]]
 +
[[Category:ゴキブリ科]]

2020年8月13日 (木) 18:01時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤマトゴキブリ

ヤマトゴキブリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 19, 2020)
ヤマトゴキブリの成虫(メス).メスは翅が短い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 9, 2020)

ヤマトゴキブリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヤマトゴキブリ

学名

  • Periplaneta japonica

分類

  • ゴキブリ科 Blattidae

分布

  • 従来本州のみであったが,現在では北海道や九州でも発見されている.

解説

  • 屋内や森林で見られる.
  • オスは翅が長く飛翔することができるが,メスでは翅が腹部の中央あたりまでしかなく飛べない.
  • クロゴキブリに似るが,本種の方が小さく体型が細長い.
  • 東広島キャンパスでは森林で見かけることが多く,ががら山のアラカシアベマキの樹液などで見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤマトゴキブリ