「ヤマカガシ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
19行: 19行:
  
 
== 解説 ==
 
== 解説 ==
 
+
* 斑紋や色彩には変異が多いが,一般には褐色の地に不規則な黒斑が左右交互に並び,その間に赤い模様が入り混じっている.頸部(けいぶ)に大きな黒斑があり,若い個体ではその前に走る黄帯が目立つ.広島県では不規則な黒斑が不明瞭で,赤や黄色を欠く色彩変異も見られる.
 +
* [[シマヘビ]]の黒化型と混同され,方言で「からすへび」と呼ばれることがある.
  
 
== 天然記念物・RDB ==
 
== 天然記念物・RDB ==
39行: 40行:
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
 
* 2015.11.27 ページ作成.
 
* 2015.11.27 ページ作成.
 +
* 2015.12.12 写真・解説追加.
 +
 
----
 
----
  

2015年12月12日 (土) 21:53時点における版

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > デジタル自然史博物館

ヤマカガシの口の奥にある毒牙(黒矢印).深く咬まれると上顎(うわあご)のデュベルノア腺から毒が注入される.(広島県東広島市河内町; 撮影: 池田誠慈, Jul. 28, 2015)
赤や黄色の色素を欠いたヤマカガシの幼蛇(色彩変異).(広島県廿日市市吉和; 撮影: 田守泰裕, Jun. 23, 2015)

目次

ヤマカガシ Rhabdophis tigrinus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 爬虫綱 Reptilia > 有鱗目 Squamata > ヘビ亜目 Serpentes > ナミヘビ科 Colubridae > ヤマカガシ属 Rhabdophis > ヤマカガシ Rhabdophis tigrinus

解説

  • 斑紋や色彩には変異が多いが,一般には褐色の地に不規則な黒斑が左右交互に並び,その間に赤い模様が入り混じっている.頸部(けいぶ)に大きな黒斑があり,若い個体ではその前に走る黄帯が目立つ.広島県では不規則な黒斑が不明瞭で,赤や黄色を欠く色彩変異も見られる.
  • シマヘビの黒化型と混同され,方言で「からすへび」と呼ばれることがある.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • tiger keelback

広島県方言

  • からすへび

備考

文献(引用)

更新履歴

  • 2015.11.27 ページ作成.
  • 2015.12.12 写真・解説追加.