モモスズメ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2018年7月11日 (水) 13:42時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > モモスズメ

モモスズメ(成虫).日中は木陰で休んでいることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 20, 2018)

目次

モモスズメ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • モモスズメ

学名

  • Marumba gaschkewitschii

分類

  • スズメガ科 Sphingidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島

解説

  • キャンパスでの個体数はふつう.
  • 食草はモモサクラウメビワなど多岐にわたる.
  • クチバスズメに似るが,前翅の色,脚の色,触角の太さ,翅の一番内側の横線の入り方などによって識別可能.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > モモスズメ