「メンガタスズメ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
20行: 20行:
 
*食草はチョウセンアサガオなどのナス科やゴマ科の植物.
 
*食草はチョウセンアサガオなどのナス科やゴマ科の植物.
 
*成虫は口吻が短く頑丈で,これを用いてミツバチの巣に穴を開け蜜を盗み飲む.
 
*成虫は口吻が短く頑丈で,これを用いてミツバチの巣に穴を開け蜜を盗み飲む.
*クロメンガタスズメに似るが,腹部背面中央の線の太さや,後翅の黒色部の広さなどが異なる.
+
*[[クロメンガタスズメ_広島大学東広島キャンパス|クロメンガタスズメ]]に似るが,腹部背面中央の線の太さや,後翅の黒色部の広さなどが異なる.
 
*キャンパスでの個体数は少ない.
 
*キャンパスでの個体数は少ない.
  

2019年12月1日 (日) 18:31時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > メンガタスズメ

メンガタスズメの成虫.胸部に黒い人面のような模様がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 3, 2019)

目次

メンガタスズメ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • メンガタスズメ

学名

  • Acherontia styx

分類

  • スズメガ科 Sphingidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 胸部背面にドクロのような模様があるスズメガ.
  • 食草はチョウセンアサガオなどのナス科やゴマ科の植物.
  • 成虫は口吻が短く頑丈で,これを用いてミツバチの巣に穴を開け蜜を盗み飲む.
  • クロメンガタスズメに似るが,腹部背面中央の線の太さや,後翅の黒色部の広さなどが異なる.
  • キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > メンガタスズメ