ムラサキカタバミ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年6月27日 (木) 22:07時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ムラサキカタバミ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ムラサキカタバミの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 21, 2019)
ムラサキカタバミの花(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, May 26, 2001)

目次

ムラサキカタバミ Oxalis corymbosa DC.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > カタバミ科 Oxalidaceae > カタバミ属 Oxalis

解説

  • 地下に大根のような根があり,そのまわりに鱗茎があって,こぼれて繁殖する.
  • 雄しべの葯は白い.
  • 近年,しだいに減少しつつある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から沿岸部に古くから帰化し,やっかいな雑草になっている.

産地

天然記念物

標本

  • 東広島市高屋東(yy-7812),広島市鈴ケ峰(aw-1195),府中町桜ヶ丘(yw-1887),福山市金江町(sf-5335),尾道市木庄町(sf-702),向島(yk-8357),三原市須波町(yk-8916),福山市加茂町(sf-9164)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • キキョウカタバミ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 30400
  • 帰化

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる