「ムシバミコガネグモ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(解説)
17行: 17行:
  
 
==解説==
 
==解説==
*太平洋側で主に見られるコガネグモ類.
+
*主に太平洋側で見られるコガネグモ類.
 
*平地~丘陵に生息する.
 
*平地~丘陵に生息する.
 
*ほかのコガネグモ類同様X字状の隠れ帯を網につける
 
*ほかのコガネグモ類同様X字状の隠れ帯を網につける

2019年7月19日 (金) 19:08時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムシバミコガネグモ

ムシバミコガネグモのメス.コガタコガネグモに似るが,模様がガタガタしている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 4, 2019)

目次

ムシバミコガネグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ムシバミコガネグモ

学名

  • Argiope aetheroides

分類

  • コガネグモ科 Araneidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 主に太平洋側で見られるコガネグモ類.
  • 平地~丘陵に生息する.
  • ほかのコガネグモ類同様X字状の隠れ帯を網につける
  • コガタコガネグモによく似るが,模様が蝕まれたように歪な形をしている.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムシバミコガネグモ