「ムシクソハムシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
18行: 18行:
  
 
==解説==
 
==解説==
*[[コナラ]]や[[アラカシ]]などのブナ科植物を食草とするハムシ.
+
*[[コナラ]]や[[アラカシ]]などのブナ科植物を中心とした広葉樹を食樹とするハムシ.
 
*成虫は鱗翅目の幼虫の糞のような見た目をしている.
 
*成虫は鱗翅目の幼虫の糞のような見た目をしている.
 
*幼虫は自らの糞で殻を作り,それを背負って生活する.
 
*幼虫は自らの糞で殻を作り,それを背負って生活する.

2020年8月13日 (木) 17:19時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムシクソハムシ

ムシクソハムシの成虫.イモムシの糞のように見えるものが本種.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 24, 2020)
交尾中のムシクソハムシ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 29, 2020)

目次

ムシクソハムシ

和名

学名

  • Chlamisus spilotus

分類

  • ハムシ科 Chrysomelidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • コナラアラカシなどのブナ科植物を中心とした広葉樹を食樹とするハムシ.
  • 成虫は鱗翅目の幼虫の糞のような見た目をしている.
  • 幼虫は自らの糞で殻を作り,それを背負って生活する.
  • 東広島キャンパスではふつうに見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ムシクソハムシ