「マユタテアカネ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]</span>
  
 
[[ファイル: 20181104マユタテアカネ成虫成熟オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24762s.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネの成虫(成熟オス).ヒメアカネに似るが,眉斑があること,腹部の黒斑が目立たないこと,腹部の先端が反ることなどが特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 4, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181104マユタテアカネ成虫成熟オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24762s.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネの成虫(成熟オス).ヒメアカネに似るが,眉斑があること,腹部の黒斑が目立たないこと,腹部の先端が反ることなどが特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 4, 2018)]]
5行目: 5行目:
 
[[ファイル:20180928マユタテアカネ成熟オス_東広島市鏡山_鮫島撮影_DSCN0802s.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネ成熟オス(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Sep. 28, 2018)]]
 
[[ファイル:20180928マユタテアカネ成熟オス_東広島市鏡山_鮫島撮影_DSCN0802s.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネ成熟オス(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Sep. 28, 2018)]]
 
[[ファイル:20170915マユタテアカネ成虫オス_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_22456.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)]]
 
[[ファイル:20170915マユタテアカネ成虫オス_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_22456.JPG|200px|thumb|right|マユタテアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)]]
 +
[[ファイル: 20200927マユタテアカネ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_144115s.jpg|200px|thumb|right|連結飛翔するマユタテアカネ.産卵行動も見られた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)]]
  
  
21行目: 22行目:
  
 
==解説==
 
==解説==
*キャンパスでの個体数は多い.
 
 
*顔に眉のような紋をもつことから名付けられた.
 
*顔に眉のような紋をもつことから名付けられた.
 
*オスは成熟すると腹部が濃い赤色となる.
 
*オスは成熟すると腹部が濃い赤色となる.
 +
*[[ヒメアカネ_広島大学東広島キャンパス|ヒメアカネ]]や[[マイコアカネ_広島大学東広島キャンパス|マイコアカネ]]に似るが,前述の特徴のほか,オスは腹部の先端が顕著に反り,腹部に黒斑が生じない.
 +
*メスには翅の先端に茶褐色の斑紋が生じる個体がいる.
 +
*キャンパスでの個体数は多い.
  
 
==備考==
 
==備考==
32行目: 35行目:
  
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[マユタテアカネ_広島大学東広島キャンパス|マユタテアカネ]]</span>
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:S]]
 
[[Category:S]]
 
[[Category:マ]]
 
[[Category:マ]]

2020年10月1日 (木) 13:53時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マユタテアカネ

マユタテアカネの成虫(成熟オス).ヒメアカネに似るが,眉斑があること,腹部の黒斑が目立たないこと,腹部の先端が反ることなどが特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 4, 2018)
マユタテアカネの成虫(オス).顔に眉のような紋をもつ.オスは成熟すると腹部が赤化する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Aug. 5, 2016)
マユタテアカネ成熟オス(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Sep. 28, 2018)
マユタテアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)
連結飛翔するマユタテアカネ.産卵行動も見られた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)


マユタテアカネ

和名

学名

  • Sympetrum eroticum eroticum

分類

  • トンボ科 アカネ属

分布

  • 日本全土.国外ではロシア,中国,台湾,朝鮮半島に分布する.

解説

  • 顔に眉のような紋をもつことから名付けられた.
  • オスは成熟すると腹部が濃い赤色となる.
  • ヒメアカネマイコアカネに似るが,前述の特徴のほか,オスは腹部の先端が顕著に反り,腹部に黒斑が生じない.
  • メスには翅の先端に茶褐色の斑紋が生じる個体がいる.
  • キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マユタテアカネ