マツ属

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2014年6月21日 (土) 20:42時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マツ属 | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

マツ属 Pinus

分類

種子植物門 Spermatophyta > 裸子植物亜門 Gymnospermae > マツ科 Pinaceae > マツ属 Pinus

特徴

  • 常緑の亜高木-高木.一部の種では低木.
  • 葉は針葉になる.
  • 樹脂道が発達し,ヤニを多く含む.
  • 日本のマツ属は,二葉の種と五葉の種が分布.

広島県から報告されているもの

文献(出典)

文献(参考)

  • Simpson, M. G. 2006. Plant Systematics. -xi + 590 pp. Elsevier Academic Press, San Diego.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる