ヒイラギナンテン 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2018年6月23日 (土) 21:01時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 20, 2018)
ヒイラギナンテンの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 15, 2018)
ヒイラギナンテンの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 13, 2018)
ヒイラギナンテンのつぼみ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 20, 2018)

目次

ヒイラギナンテン(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • ヒイラギナンテン

学名

  • Berberis japonica (Thunb.) R.Br.

シノニム

  • Mahonia japonica (Thunb.) DC.

分類

  • メギ科 Berberidaceae

分布

  • 中国原産

東広島キャンパスの花期

  • 3-4月

特徴

  • メギ科の常緑低木.羽状複葉に鋭い鋸歯がある.
  • 種小名には「japonica」とあるが日本に野生はない.
  • 日本では庭によく植えられる.
  • キャンパス内では植栽とそこからの逸出した個体が見られる.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ヒイラギナンテン