ハリオアマツバメ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2017年1月26日 (木) 21:09時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > ハリオアマツバメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ハリオアマツバメ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

目次

ハリオアマツバメ Hirundapus caudacutus caudacutus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > アマツバメ目 Apodiformes > アマツバメ科 Apodidae > ハリオアマツバメ属 Hirundapus > ハリオアマツバメ(種) Hirundapus caudacutus > ハリオアマツバメ(亜種) Hirundapus caudacutus caudacutus

解説

  • 春秋の渡り期に見られる.5月と9月下旬から10月上旬に,開山,駒ケ林,獅子岩の山頂で2~3羽が通過することが多いが,稀に数十羽の群れのこともある.
  • 1985.5.23に33羽+が渡った.

(資料提供: 熊谷美登(厳島の鳥を知る会)/写真撮影: 熊谷美登)

備考

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.

更新履歴


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > ハリオアマツバメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順