「ハグロトンボ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
2行: 2行:
  
 
[[ファイル: 20180714ハグロトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15488s.JPG|200px|thumb|right|ハグロトンボ成虫(オス).オスは腹部が金緑色に輝く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180714ハグロトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15488s.JPG|200px|thumb|right|ハグロトンボ成虫(オス).オスは腹部が金緑色に輝く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20190711ハグロトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_66106s.jpg|200px|thumb|right|ハグロトンボの成虫(オス).カミサマトンボの別称をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)]]
  
 
=ハグロトンボ=
 
=ハグロトンボ=

2019年7月16日 (火) 13:27時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ハグロトンボ

ハグロトンボ成虫(オス).オスは腹部が金緑色に輝く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2018)
ハグロトンボの成虫(オス).カミサマトンボの別称をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)

目次

ハグロトンボ

和名

学名

  • Atrocalopteryx atrata

分類

  • カワトンボ科 Calopterygidae

分布

  • 本州,四国,九州

解説

  • オス,メスともに翅が黒いカワトンボ科のトンボ.
  • ヒラヒラと舞うように飛ぶ.
  • 東広島キャンパスでは発見の小径の日陰になっている場所でよく見られる.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ハグロトンボ