「ノウタケ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
1行: 1行:
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ホコリタケ_広島大学東広島キャンパス|ホコリタケ]]</span>
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ホコリタケ_広島大学東広島キャンパス|ホコリタケ]]</span>
 
[[ファイル:20191108ホコリタケ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0238s.JPG|200px|thumb|right|ホコリタケ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Nov. 8, 2019)]]
 
  
 
=ノウタケ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=ノウタケ(広島大学東広島キャンパス)=

2020年4月3日 (金) 17:39時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ホコリタケ

目次

ノウタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ノウタケ

学名

  • Calvatia craniiformis

分類

  • ハラタケ科 Agaricaceae

分布

  • 編集中

解説

  • 夏季に林内の地上などに普通に見られる.
  • 東広島キャンパスではアカマツ林の露出した土壌によく発生する.
  • 名前は表面のしわを脳に見立てたことからつけられた.
  • 成熟すると外皮が剝がれ衝撃を受けると胞子が爆散する.


備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ノウタケ