ニイニイゼミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年7月19日 (金) 20:55時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニイニイゼミ

ニイニイゼミの成虫.他のセミと比較して小型であり翅は灰褐色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 22, 2016)
ニイニイゼミの成虫(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)
ニイニイゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 4, 2019)
ニイニイゼミ(成虫).右にはムネアカオオアリの姿も確認できる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul.10, 2018)
羽化後しばらく経ったニイニイゼミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 17, 2019)
ニイニイゼミの抜け殻.初夏に地上に現れる小型のセミ.幼虫は湿った環境を好むため抜け殻には泥が付着する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Aug. 5, 2016)

目次

ニイニイゼミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Platypleura kaempferi

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 日本,台湾,中国,朝鮮半島

解説

  • 他のセミと比較して小型であり,翅は灰褐色.
  • 東広島キャンパスでは,6月末から鳴き始める.
  • 幼虫は湿った環境を好むため,抜け殻には泥が付着する.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニイニイゼミ